おすず治療室 はりきゅうLife♪

皆さま、こんにちは!
鍼灸師の河原です

8月も終わり、うだるような暑さも徐々に落ち着いてきました

そして、この時期になると増えだすのが「夏バテ」です

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、8/27にMRTの「あさトク!」という番組で、院長が夏バテに効くツボを紹介させていただきました!
FB_IMG_1598594906106








































なかには会社の時間で見逃した方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな方向けに今回紹介したツボや食養生について改めて、今回ご紹介させていただきます!


秋が近づくにつれて増えてくる「疲れがとれない」「食欲がない」「よく眠れない」といった症状、これは夏バテになっているサインです

なぜこのような症状が起こるのか…
7月から8月にかけて暑い日が続くと、どうしても冷たいものを飲みがちです
胃や腸など内臓は筋肉で出来ています!
筋肉は冷えると動きが悪くなるように内臓も冷えると動きが悪くなり、上手に働くことが出来なくなります
すると、消化吸収する力が落ち、その結果エネルギー不足が生じてしますのです
その結果、少し涼しくなってきたこの時期にその代償として夏バテが起こってしまうですね…
1598667182540













なんとなくイメージが出来たでしょうか?(笑)


では、そんな夏バテを解消するためにどんなことをしたらいいか

夏バテ解消方法①「冷たいものをなるべく控える」です
汗をかいた後に冷蔵庫でキンキンに冷えた麦茶やビール、アイスなど口に入れがちではないでしょうか?
ですが、先ほど説明したように冷たいものは内臓の動きを悪くさせ、消化吸収の力を落としてしまいます

「冷たいものを飲むとお腹が痛くなる」「夏の暑い時期によくお腹を下す」という方もこれが原因の可能性があるので、冷たいものを控えた方がいいかもしれません…

そして暑い時期は冷たいものを飲んで体を冷やすのではなく、体の熱を取る食べ物を食べて体を冷やしてみてはいかがでしょう?
きゅうり・トマト・ゴーヤ・なす・オクラ・モロヘイヤなど夏に旬を迎えるいわゆる「夏野菜」は体を冷やす作用があります
またすいか・メロン・マンゴー・梨などもまた夏が旬なので、これらを食べることで胃腸に負担をかけずに体の熱を冷ますことが出来ますよ

夏バテ解消方法②「内臓機能を高めるツボを押す」です
体には361のツボがあるとWHOによって定められています。
(学生時代には、これを覚えるのに四苦八苦するのですが…
ツボにはそれぞれ効能があり、これらを合わせ使うことによって、人間の体は調整されていくのです
そんななかで内臓機能を高めてくれるオススメのツボが「中脘」「天枢」「湧泉」「足三里」です

ツボの場所としては
中脘:みぞおちとお臍のちょうど中間あたり
1598595962990













天枢:お臍の真横
1598595961840












湧泉:足をグーにしたときに足の裏に出来る最もくぼんだ場所
1598595955786














足三里:手をLの形にして中指が当たる場所(語彙力が壊滅的…💦)
1598595953519














1598595952374














1598595951056












という感じです!


お腹にある中脘や天枢は温かいお湯を入れたペットボトルなどで温めながら刺激してあげると気持ちがいいですよ!
1598595959460












温かさに慣れてきたら、ホット用のペットボトルに少し熱めのお湯を入れて温めると更にお腹を温めることが出来ので、もっと温かいほうが良い人は試してみてください
1598595957023














また足にある湧泉や足三里はゴルフボールで刺激してあげると楽にできますよ
1598595954647










1598595949538
















ちなみにどちらも気持ちいい~いた気持ちいいくらいの刺激量にしてあげてください
(くれぐれもちからいっぱい刺激することはやめてくださいね


これらのことに気を付けながら、これからしばらく続く残暑とも上手に付き合っていってくださいね~

それではみなさま
またんたび~


こんにちは!
鍼灸師の河原です

今回も「鍼灸ってこんな症状にも効くんだよ」シリーズでございます

宮崎も梅雨明けしたかと思えば、ドロドロに溶けてしまいそうなほどの酷暑
そんなときに気になるのが「汗!」

ということで今回のテーマは「多汗症」です
先日、FacebookらLINEなどで簡単に症例報告をさせていただきましたが、今回は別の患者様の報告をさせていただきます。
Screenshot_20200818-132947~2



































「多汗症」とは、言葉通り汗を過剰にかく病気のことを言い、全身の汗が増加する全身性多汗症手のひらや足の裏、脇、顔など、体の一部に汗が増える局所性多汗症があります
また他の病気が原因で過剰に汗が出る場合と、他の病気がないにもかかわらず過剰に発刊する原発性多汗症に分けられます

この原発性多汗症は原因がハッキリしておらず、自律神経の問題などではないかと言われています
そのため手術をしても治らないことが多いと言われているようで、悩んだ末に当院にご相談下さった患者様がいらっしゃるので、その方の症例報告をさせていただきます


多汗症・汗っかきのイラスト
●40代男性 Hさま 〈初診日〉令和2年5月9日 〈主訴〉多汗症
1年前から気になり始めた。
緊張や温かいものを食べると汗をかく。
病院で治療を受けたことにより、多少の改善はあったが、どうしてもまだ気になる。
体の冷えがあり、特に足先の冷えが気になっていた。
便もゆるく、軟便ぎみである。


今回の患者様は何かを発端にというわけではありませんが、急に汗を多くかくようになったようで、かなり体の冷えがきつかったようなので、内臓の冷えが原因で多汗症を引き起こしていのではないかと判断し、治療を開始しました

〈1回目〉
少し汗の量が減った気がする。
コーヒーの量を減らし、お米を食べるようにした。


コーヒーは内臓を冷やしやすい飲み物なので、食事のカウンセリングの際に量を減らすよう指導いたしました
苦いものというのは体を冷やす傾向にあるので、もし冷え性の方はそういうものを減らすといいかもしれません
(コーヒーやビールなど)

〈4回目〉
汗の量がかなり減ってきている。
足先の冷えが落ち着いてきた。


足先の冷えは内臓の冷えとの関連が深ので、足先の冷えが落ち着いてきたことは非常に良い傾向にあると考えられます!

〈5回目〉
軟便が改善してきた。


内臓の冷えにより引き起こされていた軟便が少しずつ改善してきたようです!


〈10回目〉
多汗症の症状が7割くらい改善した。
症状が出始めた去年と比べると今年は汗の量が半分ほどに減ってきて、あまり気にならないようになってきた。


季節的に夏の暑い時期で、当たり前のように汗をかく環境にありながら、症状に変化を感じてくださっていました


〈まとめ〉
その後に何度か治療にいらっしゃっていますが、汗の症状は落ち着いて現在は別の症状で治療にいらっしゃっています
基本的に多汗症は冷えが原因で引き起こされます。
よく「足は冷たいのに上半身は火照ってよく汗をかく。」とおっしゃる患者様がいらっしゃいます。
そして、そのような患者様は汗をかくことを抑えるためにエアコンなどにあたって体を冷やすのですが、実はこの行為がさらに体を冷やして多汗症を悪化させているのです
そういう時は逆になるだけ足を冷やさないようにし、内臓を冷やすようなものを体に入れないことが大事です


おすず治療室ではカウンセリングの中から、症状の原因になっているものを突き止め、アドバイスをし、根本的な治療をさせていただいております!

もし多汗症の症状で悩まれている方や周りで悩んでいる人がいる方は、ぜひ一度当院にご相談ください

それではみなさま
またんたび~



皆さま、こんにちは!
鍼灸師の河原です

以前、「円形脱毛症」の患者様の症例報告をさせていただきました
「円形脱毛症」とはその名の通り、円形や楕円形の脱毛班が突然生じる疾患のことを言います

実はこの症状、10円玉くらいの脱毛と思われているのですが、頭部全体に広がるものや眉毛やまつ毛、体毛などに及ぶ重度のものまで、その症状は様々あるのです

今回は部分的ではなく、頭全体に脱毛が及んでいる症状の報告をさせていただきます

●20代女性 Uさま 〈初診日〉令和2年5月26日 〈主訴〉脱毛症
今年の4月に髪が急に抜け始めた。
中学生の頃にも、同じような症状があり、薬を服用し2か月くらいで治癒した。
今回は前回よりも多く薬を服用しているが、症状の改善が見受けられず、当院を受診したとのこと。
髪以外にも眉や足の毛が抜けていて、脱毛症になってからは便が2~3回/日とやや多く、下痢になることが多い。
睡眠時間は8時間ほどだが、夢を見ることが多く疲れが取れにくい。


今回の患者様も前回と同様、20代と年齢的に若く、生活環境に大きな変化があったようです
また職業柄、肉体的疲労も精神的疲労も大きいようで、両面での影響があるのではないかと、治療を開始しました

〈1回目〉
治療後、少し抜け毛が減った気がする。


1回目の治療の際には、しっかりと体調や生活習慣(特に食生活)のカウンセリングを行い、薬との向き合い方についても、アドバイスさせていただきました

〈4回目〉
便の回数が1回/日に減り、下痢をすることが減った。
体調がよく、薬も減らしている。


便が出ないことはもちろんのこと、便が出過ぎることも実は健康にとって良い傾向とは言えません
便の数が多く、更にそれが下痢であるということは、口から摂取した栄養が上手に吸収されずに、便として排出されていると考えられます
(おすずではこれを“胃腸力が弱い”と表現しています)
今回の治療でそこが改善されたので、今後さらに症状の改善が見受けられるのではないかと予想されます

〈5回目〉
足や腕、指などのムダ毛が生えるようになり、下痢の回数が減った。


〈7回目〉
薬の服用を辞めた。
6回目の治療で生えてきた産毛のような短い毛も、薬の服用を辞めてからドンドン伸びるようになり、抜け毛もかなり減ってきた。
前頭部に3か所の円形脱毛症があり、そこは以前にも生えてこなかった。


脱毛症の原因として自分の免疫が毛根を攻撃してしまい、髪が抜け落ちるということがあります
そのため、免疫を抑える薬をUさまも服用されていたようですが、それを辞めたことによってか、髪がドンドン伸びるようになったようです

〈まとめ〉
現在、9回の治療を終えて、坊主頭のような感じにまで髪が生えてきました
また爪の状態も綺麗になってきているようでした!
(東洋医学では爪の状態からも体調を判断することが多いのです)
治療のごとに体調の変化が見受けられており、ここから更に状態が良くなるのではないかと思われます


下に患者様に許可を頂き、写真を載せさせた頂きました!
「逆に薄くなってない?」と思われるかもしれませんが、実は治療前に生えている髪はほとんどが少し引っ張ると簡単に抜けてしまうような、脆い髪でした
ですが、5回目の治療後は、それが生え変わり頑丈で強い髪になっておりました
15972980215301597298019939
























































東洋医学は、西洋医学のように数値として可視化されるようなデジタルな医学ではありませんが、我々のリアルな生活の中から見つけ出された事実に基づいた医学なので、双方に得意分野・不得意分野がございます
病院で匙を投げられたとしても、諦めず東洋医学に頼ってみてください
長年、苦しんだことが意外とすんなり改善することもありますので


またお盆期間(8/13~8/15)も9:00~17:00まで営業いたしておりますので、疲れが溜まっていらっしゃる方はどうぞご連絡ください
基本的に当院は当日予約をされる方が多いので、気兼ねなくご相談ください!
もちろんコロナ対策もしっかりと行っておりますので、ご心配なく


それではみなさま
またんたび~

皆さん、こんにちは
鍼灸師の河原です!

先日、このようなお電話がございました。
「病院の方で、バネ指と診断されました。手術をしたほうが良いと言われたのですが、鍼灸治療でどうにかなりませんか?」

もちろん、おすず治療室は治療できますよ

バネ指とは、弾発指(だんぱつし)と呼ばれ、指にある腱が炎症を起こし、進行すると指の曲げ伸ばしのときに、引っ掛かりが生じる症状のことを言います
ばね指01











更年期の女性や出産期の女性に多く、指をよく使う仕事をする人に多いのも特徴です

今回、ご相談を頂いた方も70代の女性で、ちょうど症状が出始めた1か月前に指を使った作業を長時間行ったとのことでした


さっそくご来院いただき治療を開始


治療前後の指の動きがこちら⇓



おおーーー
たった1回の治療でここまでスムーズに動かすことが出来るようになりました

今回の患者様は症状が発症してから日も浅かったことも相まって、治りがよかったのかもしれません

もし、今このような症状でお悩みの方は諦めず、ご相談ください

出来るだけ早く治療を開始したほうが治りが早いです!
遅すぎることなんてありません!思い立ったが吉日です!

それではみなさま
またんたび~

皆さま、こんにちは!
鍼灸師の河原です

今回は「鍼灸ってこんな症状にも効くんだよ」ということで症例報告を行っていきたいと思います

まずは「円形脱毛症」の患者様の症例報告

●20代男性 Kさま 〈初診日〉令和1年6月4日 〈主訴〉円形脱毛症
つむじのあたりに円形脱毛があり、先週気付いた。数年前にも円形脱毛症になったが、その際には別の鍼灸治療院で治療を受け、症状が改善した。今回は前回と比べ、脱毛部の毛穴がなくなっている(ビニールのようにツルツル)ので、症状が改善するのか不安。幼少期から慢性的な下痢を繰り返している。



今回の患者様は年齢的に若く、ここ数か月の間に大きな環境の変化があったり、日常生活の忙しさから食事や睡眠の乱れがありました。慢性的な下痢などもあったことから、内臓の機能も弱いのではないかと判断し、治療を開始しました

〈1回目〉
治療後、お腹の調子が徐々に良くなり、下痢が改善した。


1回目の治療の際に食事指導や内臓の機能を改善するために治療を行ったことにより、慢性的な下痢が改善したようです

〈4回目〉
毛穴がなくなり、ビニールのようにツルツルになっていた患部から毛穴が出てきて、産毛がうっすら生えてきた。
食事には気を付けており、お腹の調子は変わらず良い。
1589164818585























毛穴がなくなっていることから、本当に治るか心配されていましたが、毛穴が出てきて産毛が生えてきたことから、安心していただけたようです
諦めずに食事に気を付けていただけたことも影響しているのではないかと思います!

〈5回目〉
2つあった脱毛部の両方から黒い髪が生えてきている。
1589164820612






























この段階で、あとは食事に気を付けながら時間を待つのみ、いうような状態でした
非常に状態が良く、元気な髪が生えてきていました!

〈7回目〉
患部が分からないほど髪が伸びてきた。


1589164821820
























5回目の治療から2か月ほど時間が空きましたが、ほとんど分からないような状態になっていました
念のため、治療にいらっしゃいましたが、ここで治療を卒業されました。

〈まとめ〉
約半年のうちに合計7回の治療で症状から卒業していただきましたが、食事に気を付けられていたので、5回目の治療の段階で卒業されても治っていたかもしれませんね~
それほど食事というものは重要で、他の疾患においても同様に言えることかと思います


皆さま、いかがでしたか?
鍼灸治療で円形脱毛症が治るの?と思われるかもしれませんが、これだけの効果が表れるのですね
何かご相談があれば、ご連絡くださいね


次回予告
次回はいわゆる「うつ」やそれに似た症状の患者様の症例報告をしたいと思います
最近、テレビなどで取り上げられているようで、うつに対する鍼灸治療の効果についてお問い合わせをたくさんいただいたので、ここ最近のコロナ騒動で「精神的に疲れている方」や「眠れない・元気が出ない」といった症状がある方は是非、一度ご覧になってみてください

それではみなさま
またんたび~

このページのトップヘ