おすず治療室 はりきゅうLife♪

皆さん、こんにちは!
鍼灸師の河原です

ついこの間、令和を迎えたかと思えば、もう年末…。
年を取れば、取るほど1年が短く感じている今日この頃。

おすず治療室では、治療の合間を縫って掃除を始めました
お盆期間に天井や壁を改装を行ったこともあり、どこもかしこも綺麗

治療の際にお灸をガンガン使うおすず治療室
そのため、例年はお灸のヤニにふき取りに四苦八苦するところですが、今年はどんどん進んでいきます
(ヤニと言われると“汚い”イメージがあるかと思いますが、お灸のヤニは健康に害はありませんので、ご安心ください

普段は掃除が難しい換気扇の中まで掃除をしていきます

河原「院長の指令で、カートの中まで掃除してってさ~」
なごみ先生「あ、いつも私が掃除してますよ!」
河原「マジっすか?ベッドの下は???」
なごみ先生「そこもやってます。」
河原「…。」

さすが長女のなごみ先生
末っ子の河原とは違ってぬかりがない。。

ここで一枚末っ子力を発揮した河原の写真をどうぞ

_20191122_163911




























鈴木雅之さんと菊池桃子さんは渋谷でサボタージュですが、僕は堂々と職場でサボタージュしておりました(←潔さだけは1人前



そして「ブログを書くので、素敵な一枚をお願いします!」に対するともこ先生の答えがこちら!

テーマは「大工の娘 ほら、見てごらん。」です。

1574406478463




























お父さまが大工さんのともこ先生
いつ何時も大工魂を忘れない熱い気持ちと妖艶さを兼ね備えた姿が撮れました


年明けはまだ1ヵ月先ですが、また一つ年を越す準備をするおすず治療室でした

それではみなさま、またんたび~



こんにちは!鍼灸師の横山です

東洋医学の5つのタイプのうち、最後の2つを紹介いたします

『肺』タイプ
image1 (4)[自覚症状]

□アレルギー性の鼻炎、皮膚炎がある
□のどや気管支が弱い
□よく風邪を引く
□背中上部の産毛が多い
□便秘になりやすい
□むくみやすい















『腎』タイプ
image0[自覚症状]

□排尿障害を感じる
□むくみやすい
□疲れやすく、回復力が低い
□性的能力が減退している
□寒がりである
□足腰がだるい
□手足がほてる
□午後に微熱が出る
□骨が弱い、背丈が伸びない
□耳鳴りや中耳炎、難聴になりやすい
□無気力である
□腹式呼吸がしにくい







あなたはいくつ当てはまりましたか
以前もご紹介した3つのタイプもご覧ください



何をしてもどこに行っても良くならない症状はありませんか
実は、タイプによって体調の改善の仕方も変わってきます。
自分の体のタイプを知り、タイプに合った生活をすることで、
体調の良い状態で過ごすことが出来たり
タイプによってかかりやすい病気も違うので予防にも繋がります

是非、自分のタイプを知ってみて下さい
気になることがあればお気軽にご相談してみてくださいね

それではまたっ

皆さん、こんにちは!
鍼灸師の河原です

10月に入り、消費税が10%に上がりました
恐らく、財布の紐が固くなっていることかと思います
おすずも増税のあおりを受けるか…

と思いきや、逆に押し返すほどの勢いで患者様にご来院頂いております
皆さま、いつもありがとうございます

そんな患者様を一日でも早く症状から卒業していただけるよう
更なるパフォーマンスアップをすべく院長が「食」の勉強をしてきました

そして得た称号
その名も食アスリート “シニア”インストラクター

以前までの院長は「食アスリート“ジュニア”インストラクター」でした。
これは言葉通り成長期のジュニアアスリートがどのような食事をしたら良いか、指導できる資格です
お米を中心とした“食べる力”を身に付けることが出来る方法を指導するもので、多くのチームやジュニアアスリート、また鍼灸師や学校の教員など多くの方に受講いただきました

もちろん、これだけでも十分素晴らしい内容になっているのですが、
常に高い志をもつおすず院長はこれだけでは止まりません!
いえ!止まれません

より専門的に詳しく食の指導をしていきたいという思いから、多忙な日々の中から少しの時間を作り、東京へ
4日間の講習を受け終え、無事に資格を手にしました
1571293007982

















以前にも増して、パワーアップした院長はなんと!さっそく!!!

10/22(火)に食アスリートセミナーを行います

この日は平日の間にある祝日なので、いつもは土日で試合や遠征があり、参加できなかった学生さんも受講しやすいかと思います!!!
1570157771614






























おすず院長による食アスリートセミナー
まだまだ空きがございますので、アスリートの食事についてお悩みの方はご相談ください

それではみなさま
またんたび~



皆さま、こんにちは!
鍼灸師の河原です

徐々に涼しくなり、日中と朝晩の寒暖差が大きく、体調管理が難しい日々が続いていますね
体を冷やしすぎないよう、クーラーなどのご使用については注意なさってください

特に妊婦さんは要注意です!!!
冷えはあらゆる体の不調をもたらします

そして何より“逆子”の原因になります
今日は「逆子と冷えの関係」についてお話してしていきたいと思います


「なぜ逆子と冷えが関係するの?」と思ったそこのあなた
良い質問ですね~

こちらをご覧ください!
頭寒足熱






























赤ちゃんは温かいほうに頭を向けると言われています
このように「頭寒足熱(足元がポカポカしている)」の妊婦さんは赤ちゃんが下を向きやすいです

逆に

頭熱足寒





























頭熱足寒(足が冷えている)の妊婦さん」は赤ちゃんが温かい上方向を向いてしまい、逆子になってしまいます

ご理解いただけたでしょうか?どこをとっても体を冷やすことは女性にとってよいことではないのです

8月は逆子の患者様が多く、そして多くの逆子がくるりんぱした月でした!(8人中6人の逆子ちゃんがくるりんぱしましたよ
治療の際は足の小指にある「至陰」というツボにお灸をします。
逆子治療のエキスパートである、ともこ先生曰く
「逆子治療でいらっしゃった妊婦さんはだいたい足が冷えていて、熱いはずのお灸もあまり感じられないことが多い。」とのことでした!
もしすると夏のクーラーなどにより、足が冷えたことが影響しているのかもしれませんね


今、逆子でお悩みの妊婦さん
まずは足を冷やさないようにしてください

そしてお早めにおすずにご相談ください
逆子治療は早ければ早いほど、治る可能性が高いです
「鍼灸治療て恐いなぁ…」と思いの方はまずご相談だけでもください!
おすず治療室はあなたのお悩みにお応えいたします

それではみなさま
またんたび~












こんにちは!鍼灸師の横山です

長らく期間が開いてしまいましたが…
東洋医学5つのタイプのうち1つをご紹介していきます。

前回ご紹介したタイプは「前の記事」をご覧ください

いくつ当てはまるかチェックしてみてくださいね


『胃腸(脾)』タイプ
□食欲がないことが度々ある
□食欲が異常亢進しやすい
□胃が痛くなりやすい、胃がむかつきやすい
□お腹がグルグル鳴る、下痢しやすい
□アザができやすい
□月経が長引く
□筋肉が弱い
□やせすぎか水太り(むくみやすい)傾向にある
□冷え性である
□立ちくらみ、疲れやすいなど貧血ぎみ




併せて、こちらの顔症状もチェックしてみてください

image1 (3)




























あなたはいくつあてはまりましたか?

残りは2タイプです!
お楽しみにではまたっ

このページのトップヘ