おすず治療室 はりきゅうLife♪

こんにちは
受付のいしぐろです

本日は、こちらの方が、「ぜひ一言申し上げたい。」との事ですので、聞いてやってください。

シクラメン





















みなさん。こんにちは。
シクラメンの『シク・ラ・メン』です。
地中海生まれの宮崎育ち。
花言葉は “憧れ” “内気” “はにかみ” です。
姉妹には、赤や白に染まる子たちもいますが、わたしはピンクに染まります。
昨年、おすず治療室にお嫁に来ました。
わたしがピンクに染まる年頃には、蝶よ花よとかわいがらました。
頭をなでられたり、うっとりするような目でみつめられたり、時には、くんくんと匂いをかがれたり・・・。(照)
ですが、年齢を重ね、ピンクに染まることができなくなると、
あれよあれよ言う間に端の方に追いやられ、挙句の果てには、
明るく暖かかった、わたしのお部屋(みなさんは、そこを《待合室》、と呼んでいたようです。)から、
暗くひんやりとした《スタッフルーム》というお部屋に移されました。
そしてとうとう。。。
これから先は、もう悲しくって悲しくって、とてもお話できません。
わたしは、こんな仕打ちにとても耐えられなかったのです。
全てを失い、土に還ったわたしは、何も考えず、何も感じず、ただそこにじっといました。
そんなある日、ふと誰かの声がすることに気が付きました。
しかし、何をおっしゃっているのか分かりません。
毎日毎日、お声をかけてくださるのですが、はっきりと聞き取れません。
気になって、顔をあげてみようと思ったのですが、約1年。じっと動かずにおりましたので、
なかなか体が動きません。
うんとうんっと力を入れて、ようやく顔をあげると、気になっていましたお声が聞こえたのです。
そのお方は、こんなわたしを大層褒めてくださるのです。
わたしは、心に誓いました。
もう一度、あの暖かいお部屋に戻ろうと。
それからは、毎日必死でした。激しい風が吹こうと、冷たい雨が降ろうとも。
そうして、今日。
暖かい、懐かしのあのお部屋に戻ることができました。
あきらめないでよかった。
これからわたしは、もっと頑張ってピンクに染まろうと思うのです。
みなさんに褒めていただるようなピンク色に。


シク・ラ・メンさんのお言葉でした。
いや~深い。実に深い

あきらめなければ花開く。 by シク・ラ・メン

ではみなさん。ごきげんよう

こんにちは
受付のいしぐろです

先生方が使っている、『爪やすり』。
いろんな種類があって、とってもカラフル

しかし、ひとつだけ真っ黒なやつがあったのです。
真っ黒の爪やすり。
爪に当てずに、目に持って行くと・・・

おぉぉぉぉぉぉぉ
なんかうまいこといったぁ


22635170_1625182674269173_2130183623_n[1]





















注)画像の女の子は、決して悪いことはしていません。

・・・・・
しいて言えば、過去に、別のスタッフのコーヒーゼリーをこっそり食べてしまったことくらいです。
こちらについては、ようやく時効をむかえたようで、もう誰も口にしません。

めでたし。めでたし。

それでは、みなさん。ごきげんよう


こんにちは
受付のいしぐろです

台風が来るぞ~
おおかみが来たぞ~ ( ⇒ こっちは、イソップ童話『オオカミ少年』より抜粋)

大型台風に備えて 

21744484_1590590254395082_958361882_n[1]






















まさかの・・・。睡眠を備蓄中?

まさか、台風に備えて、そんな支度があったとは・・・。
他にどんな『台風に備えて』があるか考えてみました。

①飲料水、食料品を備蓄しておきましょう。
(あ。オール電化の方は、カップラーメンがあるから安心・・・じゃあ、お湯が沸かせないです。)
②甘いものが好きな方は、辛いものが食べたくなるので、辛いものも準備しておきましょう。
③停電した時は、寂しさでいっぱいにならないように、闇鍋イベントを企画しておきましょう。
④はりきゅうの備蓄をした方も、安心は禁物です。上記をしっかり実行しましょう


PS 決して院長は、睡眠の備蓄中ではありません。 技術指導に入る前のお姿でした
(ほぼ盗撮。院長。イジってごめんなさい

それでは皆さんごきげんよう

今回の大型台風で、皆さまが、どうか安全にお過ごしできますように。


こんにちは
どうも。効率的な仕事ぶり。充実した私生活。
受付のいしぐろです

今年の24時間テレビ。
マラソンランナーは、今、ノリに乗ってる(どうでもいいご報告ですが、『のりにのってる』を変換したら、『海苔に乗ってる』となって、ひとり小さく、ふふっと笑う。すると、『ゆでたまご』を変換したら、『茹でた孫』になった、過去の衝撃を思い出し、ひとり小さく、ブルっとする。そうなると、今どき、“ノリに乗ってる” という言い回しをするのか気になり始め、なかなか前に進めない自分に気付く、夏の終わりの私・・・。)

さて、ノリに乗ってるブルゾンちえみ。
こちらには、クルマに乗ってるブルゾン小ちえみがいるの。

ブルゾンちえみはこう言ってる。

独り身でさみしい働きウーマンのみんな
自分から「狩り」に出ないと、男なんてできないと思ってない?
じゃあ、質問です!
花は自分からミツバチを探しに行きますか?

「・・・・・探さない。待つの。」

撒いてごらん!自然と男は寄ってくるから!


ブルゾン小ちえみは、こう言ってる。

独り身でさみしい保育園児のみんな
海に行きたい、プールに行きたい、夏を楽しみたいなんて思ってない?
じゃあ質問です!
自らの足でそんなところに行けたりしますか?

「・・・・・叫ばない。待つの。」

撒いてごらん!自然と大人は寄ってくるから!


友子先生のとこの、長女。ブルゾン小ちえみ。
「車に乗って、プールに行くよ。」と説明する友子先生。
「プールに行きたいのに、なぜ車に乗らなきゃいけないのか。」とギャンギャン叫ぶ、ブルゾン小ちえみ。
「車に乗らないと、プールに行けない。」と説明する友子先生。
「早くプールに行きたいのに、なぜ車なのだ!」とギャンギャン叫ぶ、ブルゾン小ちえみ。
なだめて、なだめてやっと車に乗った一枚がこちら。

21208275_1575276375926470_2130765058_n[1]





















しっかり深くかぶっていた水泳帽は、もはや頭にのっかてるだけ。
鋭い眼光で、友子先生を見つめるブルゾン小ちえみ。

このあと、叫び、暴れ疲れたブルゾン小ちえみは、プール到着まで、ぐっすり眠っていました。
めでたし。めでたし。

それでは皆さん。ごきげんよう




こんにちは
受付のいしぐろです

「そうですね。まさか自分が、こんな目に合うなんて思ってもいませんでした。」
「本当に、目からうろこです。」
「いえ~。本当に気が付きませんでしたね。」
「そうですね。完全な、なりすましですね。」

20891667_1561317870655654_437096084_n[1]





















完全に枯れ葉になりすましちょるやないか~い

しかし、このカマキリ。
なりすましの詐欺容疑から一転し、無罪放免となりました。

真実はこちら。(これより先、夏休みの自由研究にお役立てください。但し、小学校低学年に限る。)

夏休み自由研究
おすず小。1ねん1くみ。いしぐろくみこ。

【オオカマキリ】について調べよう。
〇どうして調べようかと思ったかというと、オオカマキリによる、なりすましに遭遇した、と思ったからです。

〇オオカマキリの色
 ・体の色は、緑色型と褐色型が知られる。
 ・その色の違いは、バッタやアマガエルのように、緑から茶色、または、茶色から緑色へと、周りの色に合わせて、自由に変えられる訳ではない。
 ・生まれた時から、茶色い個体もいるが、成長途中の脱皮時に色が変化する。

〇まとめ
 学者でさえも、はっきりとした原因や理由は解明できていないようだが、脱皮時にどこに生息していたかで、色を選べるようだ。

〇感想
 どうやら脱皮のタイミングで色を選べる、という事なので、今回のなりすまし事件については、あのオオカマキリとオオカマキリの故郷に対して、陳謝しようと思います。


では、皆さま。ごきげんよう



















このページのトップヘ