おすず治療室 はりきゅうLife♪

こんにちは
受付のいしぐろです

「大福ちゃ~ん。どうしたの?」

呼吸器系がちょっぴり弱い、受付いしぐろにとって
この火山灰の影響は、まぁまぁの痛手となりまして。

心配した松江先生が、いつものように(左脚に。)やってきました。

すると、そこへ。
友子先生もやってきて・・・。

28906457_203427667095974_629586325_n[1]

















友T 「さっき、まつえかな(→友子先生は、松江先生をフルネームで呼ぶ。私のイメージでは、ひらがなで呼んでいます。)が、私の足をむぎゅってしたのが、気持ちよかったとよ。いつも、くみこをやってるのが、これやっちゃねぇ。と思ってぇ。

と、右脚を抱え込み・・・

29138758_203394960432578_1360883571_n[1]

















むぎゅ~っとする。

友T 「どう?気持ちいい?」
私  「は。はい。」
松T 「友子先生。フカフカしてる大福ちゃんの足が気持ちいいんだから、私たちが気持ちいいのよ。」
私  「・・・・・・・・。」

29134621_203394940432580_737562383_n[1]


















恐らく・・・。私の体調を気遣ってやってきてくれたとは思いますが、いつもの左脚だけではなく、右脚までも、むぎゅ~っとされるわたし。

こんなに狭い受付に集まってくれたおふたり。

『愛されてるわ~。あたし。』 と、思う今日この頃でありました。

それでは。みなさん。ごきげんよう。


追記。
このあと、ちゃ~んと、呼吸器系に効くツボをとってくださり、やはり呼吸器系疾患に効くお灸を据えてくださいました。


こんにちは
受付のいしぐろです

「写真撮りますよぅ。」
に、しっかり答えてくれる先生たち。

「写真撮りますよぅ。」と、「おやつにしますよぅ。」には
すぐに反応してくれます。

テイク8で、納得いく団子3兄弟。

末っ子の松江先生は、画像では確認できませんが、中腰。
長男の岩切先生は、撮影の度にモデルポーズをキメるので、団子状態にならず。
長女の友子先生は、あくまでも団子にこだわり、支持を出す。

テイク7の時に、
松T 「誰なの?ちゃんとできてないのは。足がプルプルするのよ!
私  「岩切先生です。
松T 「そうでしょうね。
と、岩切先生をディスる松江先生。
それをニコニコ聞いてる岩切先生。
そんな中、画像を確認する友子先生。

三者三様それぞれですが、
なんともうまい具合にできてます。


28832407_202454100526664_1365770055_n[1]






















もうじき。大好きなお花見の季節。
桜の花が咲くまで、この団子3兄弟でも眺めていようと思います。

それでは。みなさん。ごきげんよう。

こんにちは
受付のいしぐろです

桜の花が風に吹かれ、卒業の春が訪れる。
(→こちら。わたくしが小学校を卒業する時の卒業の歌のはじまりの言葉です。)

おすず治療室にも、ご卒業を迎える先生がいらっしゃいます。

松江先生。2年間。本当にありがとう(今月いっぱいまでいますケド・・・。)

毎日カウントダウンして楽しんでいるけど、ホントは寂しいんだよ。
どのカレンダーにも、さようなら松江先生っていたずら書きしてるけど、ホントは寂しいんだよ。
送迎会の打ち合わせ、楽しそうにやってるけど、ホントは寂しいんだよ。

と、他の先生たちはそう思っているはず。(受付いしぐろは思ってないんかい。

28741610_199710714134336_1867426396_n[1]





















鍼をしているのが松江先生。(末っ子)
鍼を受けているのが岩切先生。(長男)
横から白目向いてチャチャいれているのが友子先生。(長女)
なかよし。おすず三兄弟。

残り3週間。
どうぞよろしくお願いします。




こんにちは。
受付のいしぐろです

院長のカウンセリングの様子です。

28741324_199237054181702_2111989393_n[1]






















今回は、不妊治療でいらっしゃったご夫婦です。

念入りな問診。

そして。ここで、いしぐろ気が付きました。
院長は、どのカウンセリングでも共通して、『食』の大切さについてお話します。

どんな体調や症状の方でも、同じように『食の基本』 をお話します。
“体質改善” なんて聞くと、難しいことを想像されるかもしれませんが、
至ってシンプル。
シンプルだからこそ、受け入れやすいのかもしれません。

今回のご夫婦も、お話に充分に納得され、早速、来週から治療開始となりました。

食べたものが、血となり肉となるわけですから、
食べもので身体はつくられる。

鍼灸治療は、大切な『食』があってこそなのですね。

今日も、自分の食生活を振り返りつつ、反省するいしぐろでありました・・・

こんにちは
受付のいしぐろです

なんていい においぃぃぃ

めっちゃいいにおいがするぅ

パパとママが治療中に、りのちゃんとふたりっきり

りのちゃ~んと呼ぶと、うるっとした瞳でこちらを見つめるし
アンパンマンのやわらかボールをあげると、アンパンマンをじーっと見つめるし
小さく音が出る輪っかのおもちゃをあげると、頭にコツンコツン当てながら音鳴らすし
くつしたが脱げそうだから、はかせようとすると、足首をぐるんぐるん回すし
タオルを顔にふぁさってかけて、いないいな~いして、ばァってタオルを引っ張ると、めっちゃニコ~っとするし

癒されたァ

28449670_195157167923024_1229563344_n[1]























りのちゃん。またねっ。


このあと
治療を終えたパパが抱っこすると、パタっと眠ってしまった、りのちゃん。

「大福ちゃんが、吉幾三とか歌って聞かせるから、疲れっちゃったんじゃないの?」
とディスられる、受付いしぐろでありました。


それでは。みなさん。ごきげんよう








このページのトップヘ