おすず治療室 はりきゅうLife♪

こんにちは!鍼灸師の横山です

前回に引き続き、5つのタイプのうち1つをご紹介していきます。

前回ご紹介したタイプは「前の記事」をご覧ください

いくつ当てはまるかチェックしてみてくださいね


『心』タイプ
□動悸や息切れを感じることが多い
□心臓部や胸の中央、乳房の周辺、喉から下あごあたりに
締め付けられるような痛みを感じる
□寝つきが悪い
□物忘れが多い
□ろれつが回らなくなることがある
□少しの運動で汗をかく、疲れやすい
□手足がむくむ
□左側の肩甲骨、首、肩にコリや痛みを感じる



併せて、こちらの顔症状もチェックしてみてください

image1 (1)




























あなたはいくつあてはまりましたか?

残りのタイプ診断もお楽しみにではまたっ

こんにちは!鍼灸師の横山です

“身体の不調”
あるのが当たり前、薬を飲んでも変わらないし元々こういう身体なんだろう。
そう決めつけてしまっている方は結構多いと思います

でも!
実は、不調を改善するケアってしっかりあるんです

東洋医学では5つのタイプに分けてそのタイプにあった治療をしていくことによって
“もともと”と思いがちの不定愁訴と言われる症状も改善することが出来るんですよ

今回は5つのタイプのうち1つをご紹介していきます。
いくつ当てはまるかチェックしてみてくださいね

『肝』タイプ
□怒る、泣くなど感情が高ぶりやすい
□物忘れしやすい
□寝つきが悪い
□眠りが浅く、よく夢を見る
□食欲にムラがある
□便秘と下痢を繰り返しやすい
□精力の衰えを感じる
□筋肉がこわばる、肩こりやこむら返りをしやすい
□爪が白っぽい、もろい



併せて、こちらの顔症状もチェックしてみてください
kann



































あなたはいくつあてはまりましたか?

残りのタイプ診断もお楽しみにではまたっ


皆さん、こんにちは!
鍼灸師の河原です

5月は高校総体、6月は中体連があり、多くの学生アスリートにご来院いただきました!
捻挫や腰痛、肩痛など整形外科的な症状が大半を占めるアスリートのケガですが…

なぜスポーツ外傷・障害に鍼灸治療が選ばれているのか、皆様はご存知でしょうか?


今回は皆様に「なぜスポーツに鍼が良いのか?」について日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーである私がご説明させていただきます!

その1「筋骨格系へのアプローチ」
人間の体を形づくり、安定させ、動きを可能にしているのはこの「筋骨格系」です
骨格を形成する骨や筋肉、腱、靭帯、結合組織のことなどがそれに該当します。
この中で鍼が刺せないのは骨のみで、それ以外は鍼を打つことが可能です。(場合によっては、骨膜といって骨の周りにある膜を鍼で刺激することもあるみたいです
鍼を打つと、その部位の血流が改善し、痛みや疲労の原因となる物質を取り除くことが出来るので、良いコンディションを維持できます

もちろんマッサージやストレッチで同じように血流を増やすことが出来ないわけではありません。
しかし、直接患部に刺激を与えることが出来るのは鍼だけであり、効果も絶大です
筋肉画像









その2「自律神経系へのアプローチ」

皆さんは大事な大会の前日に緊張で眠れなかったり、試合中に緊張で思うように体を動かすことが出来なかったりした経験はありませんか?
「緊張状態」とは交感神経(動こう、起きようとする神経)が副交感神経(休もう、寝ようとする神経)よりも過剰に優位になっている状態のことです

スポーツ選手は常に「緊張状態」の中、プレーを行っており、ストレスと隣合わせの状態です。
それにより気づかぬうちに自律神経の乱れが起こることがあります

実は鍼治療はこの自律神経系の調整も大得意なのです!
鍼治療は副交感神経を優位にし、高ぶった気持ちを落ち着け、体が休まるようにすることが出来ます!
ゆえに精神安定剤などを服用されている患者様の治療も鍼はできちゃうんです


この2点を踏まえると、鍼というものはアスリートの心と体の両方を治療することが出来るため、スポーツ選手にはうってつけの治療法なのです

いかがだったでしょうか?
なんとなくでも、鍼の効果についてご理解いただけましたか?

何かわからないことがあれば、是非お問い合わせくださいね~♪
ラグビー全員集合















それではみなさま
またんたび~


皆さん、こんにちは!
鍼灸師の河原です

4月からおすずに入られたなごみ先生
日々、少ない勤務時間の中で他の先生の治療を見学したり、ときには鍼の秘訣を盗み聞きしたり…?

そして、ついに先日から!
鍼の練習が始まりましたw(゚o゚)w オオー!

最初は爪の手入れから
DSC_0148





































爪が皮膚に当たることによる嫌な感覚を与えないよう、おすず治療室では毎日爪を研ぎます!
自分の肌に爪を立てて、固い部分があれば、研ぐ。
また自分の肌に当てる
を繰り返すことで、良い爪が出来ていきます



おすず鍼の特徴である「あ!そこそこ!」と感じてもうらうために、しっかりと“コリ”を探すのですが、これがまた一苦労
心と力を込めて筋肉を探っていくので、毎日指が痛~くなるようです

DSC_0146







































しっかりとコリを見つけたら、そこに鍼を打ちます!
鍼を動かすと、心地よい「ズーン」という響き(コリに当たった際に感じる重たい感覚)が広がります

この時は当院で一番細い鍼を使っているので、なかなか腰の硬いところに入らないと四苦八苦する場面も多々見受けられましたが、
「今の刺激はどうですか?」「こういう感じの刺激はどうですか?」と飽くなき探求心で日々、研鑽を積まれるなごみ先生
日に日に鍼が上達してらっしゃいます

この調子なら、鍼デビューする日は近いかも…?
どうか皆様、もうしばらくお待ちくださいませ


それではみなさま
またんたび~

皆さん、こんにちは!
鍼灸師の河原です

皆様は【Instagram】というものをご存知でしょうか
今、若者の間で流行っているSNSで、美味しい料理や素敵な景色など主に写真や動画を楽しむツールです

これまでLINEやFacebookなどを利用していたおすず治療室ですが、実はこのInstagramも利用しておりました
_20190515_115853





































(ご存知なかった方、申し訳ありません

治療室のことをもっと多くの方に知っていただきたいという思いはありましたが、なかなか使いこなせていませんでした
今後は治療中の風景や治療室内のオフショットなど、ドンドンドーン!と投稿してまいりたいと思います

ハリに関するInstagram
略して『Haristagram』
非常に安直な発想。。(笑)

もしInstagramをされている方は是非、おすず治療室で検索の後にフォローくださいませ

ちなみにこちらが最近の投稿です!

_20190515_115947





































治療中ということもあり、おふざけ無しのまじめな表情をしているのは、ご愛敬
というか、当然?(笑)

Instagram絵






















そんな感じでおすず『Haristagram』をよろしくお願いします

それではみなさま
またんたび~

このページのトップヘ