こんにちは~

今日は曇っていますが相変わらず暑いですね((+_+))

みなさん!!今日は8月9日ですが、何の日かご存知ですか~

いろいろ語呂合わせはありますが、はりきゅうの日なんです

言われてみれば、、、って感じですよね

なので今日は少し鍼灸を知って頂きたいと思います



鍼灸治療は今から約2000年前から中国で存在していて、日本に伝わってきたのが約1400年です

想像できない程前からこのような治療法があったとはとてもビックリですよね!!

西洋医学よりも昔からこのような東洋医学は存在し今もこうして医療の一つとして残っているので、鍼灸治療が怖いという方も少しは安心して頂けると嬉しいです


鍼ってどんなの?お灸って熱いの?火傷は?と初めて治療室に来られた方からご質問を頂きます。

なので今日は写真を用意しました


0022

では左上の①から説明していきます(^^)

①は毛鍼という鍼のなかでも一番細い鍼です。その細さは髪の毛よりも細いので痛みはほとんどありません

②は灸頭鍼(きゅうとうしん)といって、鍼のうえに⑤をつけてお灸をします。火傷の心配もなく温かくて気持ちのいいお灸です(^O^)

③はもぐさといってヨモギからできています!!ヨモギと聞くと身体に良さそうだなと思う方もおられると思いますこのもぐさを⑤のように丸めたりお米の粒より小さくしたりして治療していきます。

④は灸点紙(きゅうてんし)というもので、痛いところにお米の粒より小さいもぐさを乗せてお灸していきますが、このお灸も火傷の心配はなくほんわかと温かくなります


簡単に説明しましたがいかがですか?

少し鍼灸に対しての不安がなくなった方がいると嬉しいです

患者様の立場になり不安に思うこと、疑問に思うことなど私なりに考えて更新していきたいと思います

いつも読んでくださる方ありがとうございます