こんにちは!!

今日は母乳が出にくいという患者様の治療経過を報告していきます



30代女性 Kさん

〈主訴〉
 
母乳が出にくい

だんだんと出るようになっているが、まだ量が足りていない。

・随伴症状:肩こり、腰痛

〈治療経過〉

 〈3回目〉
 今日は少し胸がはる。

 〈6回目〉
 体調は良い。心なしか、母乳の量が少し増えた気がする。

 〈8回目〉
 母乳の量が増えている。少し詰まる。

 〈10回目〉
 母乳の出がだいぶ良い感じ。肩こりもひどくない。



大切なお子様を抱えるお母さんは母乳で育てたい!!という思いが強くあると思います

母乳がうまく出ないことを悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか??

母乳が出にくくなる原因としては、貧血ぎみの方や冷え性からくるもの、精神的なストレス睡眠不足など。または、乳腺の発達が悪い場合など生物学的に出にくい方もおられます。

食事も大きな影響があるようです

栄養のバランスが悪く、摂取カロリーが足りない場合、水分不足などでも分泌が落ちてくるようです(@_@;)

摂取カロリーが足りない場合でもステーキやハンバーグのような食べ物を口にするのではなく、日本人に合った和食でバランスの良い食事を心掛けることも大切なのではと私は思います

お母さんが食事したものが母乳として出て、赤ちゃんの身体の中に入っていくと考えたら食事を見直さないといけないと感じるのではないでしょうか?


何事も多すぎず、少なすぎずとバランスが大切なようですね...

当院は婦人科疾患にも力を入れておりますので、何かありましたらご相談下さい(*^_^*)


11月23日 勤労感謝の日は午前のみの診療とさせて頂きますm(__)m

illust1999_thumb


鍼灸おすず治療室 HP