おすず治療室 はりきゅうLife♪

2012年10月


こんにちは!
2つの治療経過を報告していきます




①70代 男性 Kさん

〈主訴〉

右四十肩・五十肩の痛み

〈症状〉

2ヵ月前の8月頃から痛くなった。
夜間痛がひどくて夜に痛みで目が覚める。

病院では四十肩・五十肩といわれ、治療は電気レーザー、湿布、マッサージ
病院での治療を受けるが、痛みは変わらない。

〈治療経過〉

1回目:治療の後は良かったがまだ夜間痛がある。
     日中の痛みはない。


3回目:夜中に痛みで目が覚める回数が、以前は3・4回だったが1回に減った!!

4回目:夜中に痛みで目が覚めることはなくなった。
     

今も週に1・2回治療に来られていますが、現段階での治療経過です。


②70代 女性 Sさん

〈主訴〉

四十肩・五十肩の痛み

〈症状〉

8月の末頃から。
夜間痛がひどい。

〈治療経過〉

1回目:治療を受けたその日は夜寝れた。

4回目:治療を受けたその日の夜は寝れた。
   夜痛い時の痛みは少しは良くなっている。

8回目:だいぶ夜寝れる日が続いている。
   前回の治療の後2日は腕が上がらなったが3日目頃から自然に痛みが取れた。


Sさんも現段階での治療経過です。



「夜中に痛くて寝れないのが一番辛い!!!」と四十肩・五十肩の方は皆さんおっしゃいます

ですが、治療回数を重ねるたびに夜寝れるようになった!!!という嬉しい声を頂きます


肩の痛みなどで夜寝れなくて困っている方などいらっしゃいましたらご相談下さい





急に寒くなってきたので体調を崩さないよう気を付けて下さいね


gojuukata01

鍼灸おすず治療室 HP



こんにちは(*^_^*)

今日は久しぶりの雨で風も強いので気を付けて下さいね


今回は途中経過の報告をしていきます!!

Mさん 40代 男性

〈主訴〉

 吐き気 胃もたれ 胃がムカムカする

〈症状〉

今年の5月から症状がある
食欲はあるがご飯の量が入らない
吐き気は1日中あるときないときとバラつきがあるが、食後2時間が特にひどい
1カ月で8~9キロ痩せた

病院での検査では異常がなく、考えられる原因はストレスからくるもの

〈治療経過〉

食欲がでてきて、以前はなかった空腹感もでてきた。
症状が出ている時間と程度が楽になった。
食後2時間ぐらいのムカムカも以前より楽になった。
治療前は食べても物が胃に溜まっているような感じがあったが、胃の動きも感じるようになり食べ物も流れるようになった感じがある。


Mさんは現時点で2回の治療に来られており、1回目の治療経過が良かったので報告しました。

今後の治療経過もまた報告していきます

Mさんの治療にはこのお灸もしました~(^O^)

このブログによく登場するのでご存知の方も多いと思いますが...

019

病院では原因が分からなかったけど痛い!辛い!という方は多いと思いますが鍼灸治療の魅力は、原因不明の辛い症状でもこのように良くなることだと改めて思いました。

また、お灸のパワーもすごいですね!!

逆子でも陣痛促進でも吐き気や胃痛や腰痛、冷えなどと治療の幅はほんとに広いです

皆さんの生活にお灸という物が浸透していけば、より健康に近づくのではないでしょうか



illust3028_thumb

鍼灸おすず治療室 HP




今日嬉しい報告を頂きましたので報告します~

Oさんは出産予定日に陣痛促進で治療に来られました。

治療から二日後にスピード安産で出産され、報告メッセージまで頂きました~



無事に出産しました!!
深夜0時に本格的陣痛が始まり、4時に病院に行って5:50分には生まれました(^-^)
陣痛の波がどんどんきて、スピード出産でした^_^;…
スピード出産と助産師さんに言われました!
絶対お灸のお陰だと思います♪
ありがとうございましたm(__)m

Oさんも陣痛促進剤を使わない自然分娩を強く望まれていました。

今回もOさんの望む自然分娩での出産の手助けができたことを嬉しく思います

陣痛促進剤はだいたい妊娠40週をすぎても陣痛の気配がないときに使われる事が多いようです。

母体の状態では40週を前に投与することもあるようですが、陣痛促進剤でのリスクはいろいろあり、多くの妊婦さんが自然分娩を望むのは当然だと思います

陣痛促進剤に比べてお灸はリスクも副作用もありません


また、陣痛促進だけでなく安産にも繋がりますので出産が近い方も予定日がまだまだの方もお灸をされてみることをおススメします

001

こちらが治療後のOさんのお腹です(*^_^*)

今回自然分娩での出産を望まれる妊婦さんの手助けができたことを嬉しく思うと同時にまた一人でも多くの妊婦さんの手助けができたらなと強く思います

逆子や安産、陣痛促進であったりとどんな形でも新しい命を抱える妊婦さんに関われること、手助けができることを本当に嬉しく思います


おすず治療室 HP


こんにちは(^^)v

毎日天気が良くて気持ちがいいですね~

治療室の前の畑も稲や草が刈られてきれいさっぱりになっていますよ



今日は脳梗塞の後遺症の方の治療報告をしていきたいと思います。

脳梗塞での後遺症とは一生付き合っていくものかもしれませんが、今より悪くならないようにと治療に来られる方もいらっしゃいますし、後遺症が軽い方は治療を重ねると症状が改善されています!!

今回は脳梗塞の後遺症が軽かった方の治療報告をしていきます。


Hさん 50代 男性

H24 3月30日に後頭部の脳梗塞を起こし倒れてはいないが後遺症がある

〈症状〉
 右目(右顔面)、右首~右腕全体のしびれ感覚の鈍さ
 
 右目⇒目薬をしても冷たさを感じない

 右腕⇒お風呂に入った時に熱さをあまり感じない


〈治療経過〉
 
6回目
 皮膚の温度は分からないが、自分の皮膚を触っているのが分かるようになった
 指先の温度は5割ぐらい戻っている。


10回目
 右腕に水の冷たさを感じるようになり、右耳の感覚がぼんやり分かるようになった。


15回目
 以前は綿棒で右耳をつついても分からなかったのが左耳と同じ感覚になった。


33回目
 右腕の冷たい感じがなくなってきた。


36回目
 右目に目薬をさした感じが分かるようになってきた。


38回目
 右肩関節~指先まで温かさを感じるようになったが右顔面の感覚はない。



43回目
 右顔面の感覚も少しずつ良くなっている。
 右腕は車に乗っている時に風を感じるようになった。



45回目
 以前右腕が良くなっていったような感じが右顔面にある


Hさんは脳梗塞になってから早い段階で治療室に来られ、週に1.2回のペースで今も治療されています。

症状が少しずつ良くなっていることをHさん自身も実感されているみたいです


脳梗塞などの後遺症に対しても鍼灸治療で良くなっています。

後遺症で悩んでいる方やそのご家族の方、また身近な方で後遺症で悩んでおられる方がいらっしゃいましたら治療室に足を運んでいただければな、と思います


noukousoku2

 
鍼灸おすず治療室 HP


こんにちは!!

秋の心地いい天気が続いていますが体調などいかがですか


今日は、おすず治療室がこちらに移転してから今日まで(約3年)逆子で治療室に来られた患者様についての報告をしたいと思います

人数で言うと22名の患者様が来られました

中には、緊急帝王切開になってしまった方もおられますが、妊娠36週で逆子が戻った方もいらっしゃいます

逆子だと発覚するのは平均して29週

逆子の方が治療室に来られるときは平均し33週

逆子だと発覚してから治療室に来られるまでが少し空いてしまっているかな??と思います

この間が少しでも短くなるとより良いと感じますね

以前ブログでもアップしましたが、妊娠34週からは胎児も急速に大きくなりますので逆子だと分かり次第治療されることをおすすめしますが、28週~32週ぐらいがベストのようです

当院での統計をとったところこのようになりました(*^_^*)

妊娠28~30週 80~95%
   31~32週 70~80%
   33~34週 50~70%
   35週を過ぎると50%以下に急激に下がる


こうしてみると、1週間の差で確率が大幅に違ってきますね


当院では逆子の方にはせんねん灸というお家でも簡単にできるお灸の指導も行っています




逆子体操をずっとやってるのになかなか戻らないと患者様がよくおっしゃいます

逆子体操で戻る方もいらっしゃると思いますが、お灸で逆子を戻しお灸を続けて安産へと繋げていくことがお腹の赤ちゃんにとっても母体にとってもプラスなことだと私は思います

逆子だと分かったら逆子体操!!ではなお灸!!と皆様の中に存在していける様おすず治療室から発信していきたいと思います




逆子の治療もですが、当院は不妊治療にも力をいれております。

不妊治療の際には、基礎体温表をきちんと記録してお持ち頂く事で体質と月経サイクルに合わせた治療で妊娠力を高めていきます!

不妊症に対する治療に一つは健康な卵子の形成と排卵、卵管での精子と受精子宮内膜への着床のため元気のいい子宮にしていくことです(^^)

不妊症でお悩みの方もお話だけでも構いませんので治療室に足を運んでみてください


体調など崩さないよう気を付けて下さいね
illust950_thumb

鍼灸おすず治療室 HP

このページのトップヘ