こんにちは今日は症例報告をさせていただきます


症例:右側の顔面麻痺(40代男性S様)


<症状>


●去年の10月から


朝起きた時、右顔面が脱力していた


口を開けたり目を開いたりができない


視界が狭くなっている


食事時右目から涙が出る


●病院では”ベル麻痺と言われた

※ベル麻痺顔面神経麻痺によって障害側の顔面筋のコントロールができなくなった状態。原因が特定できない場合にベル麻痺と呼ばれる。(ウィキペディアより)


ビタミン剤などの薬をもらっていた


●最初と比べると良くはなっているが、右額右目下部張りが取れない


●去年の4月~9月は仕事が忙しく、睡眠時間平均2時間でストレスもあった


●食べ過ぎると胃もたれがする(月2回ぐらい)


●今は6時間の睡眠が取れている(H25年2月時点)



<治療経過>

1回目後
⇒「治療後、頬のつっぱり感が楽になった。ご飯を食べるのも少しは楽になった」


2回目後
⇒「頬の張りを感じなくなっている。口の中でぐつぐつ(うがいなど)がしっかり口を閉じれて出来始めた。鼻づまりはいいが、食事時の右目の涙は出る」


3回目後
⇒「頬の張りが感じなくなってきた。右目を開けようとして、右額辺りのつっぱりが出てくるようになってきた。食事時の右目の涙は出るが、口を動かす動作が良くなってきた


4回目後
⇒「明らかに張り感が取れてきている。劇的には変わってないが、物を食べたりは以前より楽」


5回目後
⇒「特に大きな変化はないが、張りは減っている。右目のまぶたがふさがる感じがある。顎のひっぱりもある。口はだいぶ動かせている」


6回目後
⇒「張ってる感じ回数を追うごとにつれて良くなっている」


7回目後
⇒「目の周りが気になる」



S様は今年2月下旬に初めて来院し、週2回のペースで治療されています。


治療は右顔面部置鍼を行い、その後は頚・肩周りをほぐします。


最後に右顔の患部に鍼で仕上げを行います


S様は来た当初と比べると、自覚症状顔の印象も変わってきています


信じて続けて頂いたからこその結果だと思いました


他にも顔面麻痺で治療されている方はいらっしゃいます


同じ症状でお悩みの方は一度ご相談下さいね


hyoujoukin
















おすず治療室 HP