おはようございます♬

今日は花粉症についてお話させて頂きます。

『東洋医学で花粉症の症状を「体内の水分バランスの異常(水毒)」ととらえています。

水毒とは必要なところに水分が少なく、

特定のある部分にたくさん溜まっている状態
(これを水の偏在と言います)

のことです。...

鼻水や涙目などはまさに不要な場所に水分がたまっていることから起こってくる症状です。

鼻づまりも鼻の粘膜に水分が貯留して膨張して起こります。

なんとなく花粉症の時期にむくんでしまうと言う人もいますが、これもまさに水毒の現れです。』

くしゃみ

















実は、僕も花粉症持ちで、昨日は一日酷い目に遭いました。

昨夜は食事も抜き、水分を極力控えて睡眠をたっぷり取りました。

今朝は新聞では『花粉非常に多い』となってましたが、全く症状は出ていません。

花粉症の方は、この時期は水分摂取を控えると症状は緩和されると思います。

是非お試しください(*^^)v

~院長より~



来月ある『第11回東洋医学セミナー』のご案内です。

    日  時:3月27日(木)19:30~
    定  員:15名
    参加費:無料(筆記用具をご持参下さい)

*知らなきゃ損する東洋医学セミナー
・東洋医学の風邪の予防法&風邪を引いた時の対処法
・冷えの予防法(身体を冷やす食べ物・温める食べ物の説明)
・癌の予防法
*その他、質問にもお答えさせて頂きます!!

参加ご希望の方は、お電話でお問い合わせ下さい。

    鍼灸おすず治療室
    (0985)22-2339