■“カラダを冷やす”NG食習慣1
食事中に緑茶を飲む

食事中に緑茶のペットボトルを飲む…
こんな光景よく見かけますよね。
緑茶に含まれる「タンニン」という成分は、
鉄の吸収を阻害してしまいます。
これが、冷え性の人にはよくないのです。

鉄は、全身に酸素を運ぶヘモグロビンの材料です。
鉄が不足すると、筋肉に十分な酸素が運ばれなくなり、
エネルギー代謝が低下します。
特に、筋肉でのエネルギー代謝が低下すると、
冷えや寒さを感じる原因
になります。

ただでさえ不足がちな鉄分の吸収が阻害されないように、
タンニンが多く含まれる緑茶・紅茶・コーヒーなどの飲み物は食事中ではなく、
食後30分程度あけてから飲むのがオススメです。
コーヒー







■“カラダを冷やす”NG食習慣2

トマト・きゅうりなどの生野菜中心の食事

生野菜サラダはコンビニなどでも手軽に手に入る上、
さまざまな栄養素が摂れてカロリーも控えめ。
ダイエッターにも大人気です。
そんな健康的なイメージが強い生野菜ですが、
トマトやきゅうりなどには体を冷やす作用があります。

最近の研究では、野菜に含まれる「カリウム」の利尿作用に
カラダを冷やす原因があるのではないかと言われています。
カリウムの利尿作用により頻繁にトイレに行くと、
尿とともに熱を排出してしまうため冷えを感じる
…というわけです。

一般的に、カリウムは生で食べられる野菜や果物に多く含まれます。
カリウムは高血圧予防に効果的で、
むしろ積極的に摂るべき栄養素なのですが、
冷えが気になるという方は生野菜ばかり食べるのでなく、
野菜を茹でたり、炒めたりと調理方法に一工夫してみましょう。
トマトを食べるなら、トマト鍋にしたり、トマトスープにしたり
温かいお料理にするのも良いですね

きゅうりトマト

















■“カラダを冷やす”NG食習慣3
お菓子が食事の代わり

ダイエット中だけど甘いものが食べたい!
だから、お菓子や菓子パンを食べて、
代わりに食事を抜いてしまう・・・こんな経験ありませんか?


お菓子や菓子パンで摂れる栄養素は、ほとんど糖質や脂質だけ
体温を維持する筋肉の材料となるたんぱく質や、
代謝を助けるビタミンB1などの栄養素が慢性的に不足する
ようになります。

たんぱく質が不足すると、長期的に筋肉も衰えていきますので、
冷えを感じやすくなりますし太りやすいカラダになってしまう
ので注意が必要です。

寒さが増してくるこれからの季節…
食事に一工夫して寒さに負けないカラダ作りを目指しましょう。




『第13回東洋医学セミナー』
  日  時:11月20日(木)19:00~
  定  員:15名
  参加費:無料(筆記用具をご持参下さい)

  *知らなきゃ損する東洋医学セミナー
   ・東洋医学の風邪の予防法&風邪を引いた時の対処法
   ・冷えの予防法(身体を冷やす食べ物・温める食べ物の説明)
  *その他、質問にもお答えさせて頂きます!!

参加ご希望の方は、お電話でお問い合わせ下さい。

  鍼灸おすず治療室
  (0985)22-2339