サツマイモ
サツマイモ














ホクホクした焼きイモ
冬の寒い日には何ともいえないおいしさを感じます。
煮ても、焼いても、蒸しても、そして油で揚げてもおいしく
デンプンやアルコールの原料にもなります。

サツマイモを加熱するとベータ・アミラーゼデンプンを分解するので、
いっそう甘みを増します。

サツマイモ3000年もまえから中南米で栽培されていました。
ヨーロッパから中国に伝えられ薬物書にも
甘藷」という名前で薬効が記載されています。
日本に伝わったのは17世紀初め
琉球薩摩長崎などに伝えられたので、
琉球イモ薩摩イモ唐イモなどの名前があります。

江戸中期には青木昆陽が小石川の養生所(現小石川植物園)で苗を栽培し、
飢饉対策の目的で全国に普及させました。
江戸時代の大飢饉サツマイモを植えていたところ
死者が少なかったことから、栽培が推奨されました。

第二次世界大戦中、そして戦後サツマイモで飢えをしのぎ、
ツルまでも食用とされました。

デンプンのほかブドウ糖や果糖などの糖類が多く、甘みの強いイモです。

腸をきれいに掃除
食物繊維が多く、便秘にも有効です。
火を通したサツマイモ約二本食べると、大量の便がでて、
腸の中の悪玉菌が減り有用な腸内細菌がふえます
また、サツマイモを切ったときにしみでる白い液はヤラピンという物質で、
便通をよくする働きがあることがわかっています。
このような方法で腸をきれいにしておくことは大腸がんなどの予防になります。

サツマイモを食べるとき、皮ごと食べると、胸やけの防止になります。

イモ類ビタミンCが多くデンプンに包まれているため、
熱でもあまり破壊されず七割も残ります
ビタミンCメラニン色素の沈着を防ぎシミやソバカスなどを防ぎ
肌の老化を防止する美容効果が期待できます。
カゼの予防コレステロールを掃除しますから、
動脈硬化の予防にも役立ちます。

滋養強壮剤
サツマイモは主食にもなるほどで、滋養強壮の働きがあります。
栄養失調状態のときは、とくに体力や気力をつける薬になります。
カリウムも多く利尿作用もあり、
ヤマイモのように精力をつけ老化を防止する働もありますから、
普段の食事に頻繁に取り入れたいものです。
ただし、中国の古い薬物書にも
やや肥りぎみの者は、多食してはいけない
書いてあるので、ほどほどに
黄色い種類のサツマイモには、カロテンが含まれています。
そのほか、ビタミンB¹カルシウムなどのミネラル類も豊富です。
焼き芋


























  鍼灸おすず治療室
  (0985)22-2339