トウガラシ
唐辛子






















うどんやそばの薬味として欠かせないトウガラシ
キムチなどの漬けものにもなくてはならない香辛料です。
トン汁やダイコンのみそ汁、きんぴらゴボウなどにも
ちょっとふりかけると、ぐんとおいしくなります。

香辛料もいろいで、サンショウはミカン科コショウはコショウ科
トウガラシはナス科とそれぞれ科が違います。

トウガラシ南アフリカからコロンブスがヨーロッパに運び
十七世紀に中国に入ってきたといわれています。
ですから中国では南蛮のバンの音をとり
蕃椒(ばんしょう)」と呼ばれます。
日本にも十六世紀末から十七世紀初めにかけて
タバコと同時にポルトガル人によってもたらされたそうです。

体を温める
トウガラシ辛みのもとは、カプサイシンという物質です。
これは皮膚や粘膜を刺激し食べると口の中はもちろん、
食道や胃、腸の粘膜も刺激します。

適度な量トウガラシ摂取は体を温め
殺菌などの効果もあり、食欲を増進させます。
また、中枢神経を介してアドレナリンの分泌をうながし
その結果、体脂肪の分解を促進させます。
しかし、食べすぎは中枢神経にも影響し、体温が上昇したり、
頭痛やめまいなどの症状を起こしたりす
こともあります。
痔を患っている方は肛門の粘膜の炎症を
起こすことがありますので
、気をつけましょう。

東南アジアにはトウガラシを使った料理が多く、
激辛のトウガラシを食べると蚊に刺されないと信じられています
辛すぎて火を噴くような状態のときには
ピーナッツを食べるとおさまるそうです。

しもやけに外用
しもやけ




しもやけにはトウガラシ煎じ液をやけどをしない程度にさまし、患部を温めます
水を入れたタライも用意して交互に患部をつけると
さらに循環がよくなり、しもやけの予防や治療
になります。

トウガラシ入りの貼りぐすりも市販されており、
神経痛やリウマチによる痛みなどに用いられています
かぶれやすい人は、ガーゼなどの薄い布を一枚あててから、
くすりを貼りましょう。
熱めのトウガラシ煎じ液に浸したタオルをしぼり
患部を温めても効果があります。
五十肩などの慢性期にも有効で、温めると気持ちがよい場合に用います。

トウガラシアルコールで抽出した液は脱毛症のぬりぐすり
トウガラシチンキといわれ、ヨーロッパ流の毛生えぐすりです



 鍼灸おすず治療室
  (0985)22-2339