こんにちは[E:happy01]

気持ちの良い、カラッとした晴天~[E:sun][E:sun]
梅雨明け宣言もあったようで、本格的に夏が始まりますね[E:cancer]
今年の夏はどれだけ暑くなるのやら・・[E:coldsweats01][E:coldsweats02]

そんな夏の為の養生法を今日はつづってみたいと思います[E:wink]


夏は気(生命エネルギー)を外に放散させる季節
東洋医学では、夏を天地陰陽の気が盛んに交わり、万物が成長・反映する季節ととらえます。
人も内にある陽気を、皮膚を通じて外に放散させることが重要だととらえます。

*汗をかく
体の中にたまった熱を外へ放り出して体を冷やすのには、最も効率の良い自然な方法です。
クーラーで体を冷やせばいいという考え方もありますが、いつもクーラーで冷やして汗をかかないようにしていると、汗を出すという機能が退化してしまい、汗の出ない体質になってしまいます。
と言うことは、を出して体温を下げる機能が退化すると言うことで、余計に体温は上昇し、体の熱が放散できない為、熱射病などにもなりやすいのです。
また、夏は汗を出して、汗でしか排泄できない蓄積してきた一年分の老廃物を放り出す季節でもあります。
それをしない人は、何年もかけて徐々に健康を損なっていくことになります。

*陰の補給
水分補給のコツは、一度に大量に入れるのではなく、少しずつ何回にも分けて補給することです。
夏は汗を出すために体中の血液は体の表面に移動しており、内部にある胃や腸を働かすための血液は不足しています。
そこに一度に大量の水分を入れれば、それらの水分は胃腸に停滞して溜まるだけとなり、いくら飲んでも体は冷えないのです。
それどころか、ますます胃腸を弱らせて食欲をなくし、夏バテへと進みます。

主に水やお茶で水分を補給すると思いますが、糖分を含むものや牛乳などは体のバランスを崩しやすくするので、なるべく避けるとよいでしょう。

*食べ物
夏に最も必要とされるものは
苦味です。
なぜかと言うと、夏は血液の循環が非常に盛んで心臓に一年中で一番負担がかかります
この心臓を休ませる作用があるのが苦味なのです。
また、夏野菜には体を冷やす作用があるので、旬の夏野菜を摂って体を冷ますようにすると良いでしょう。

☆野菜参考☆

かぶ・トマト・なす・ゴーヤ・きゅうり・ピーマン・かぼちゃ・トウモロコシなど。
その他にも、しょうが・ネギ・わさび・シソなどの薬味や、酢の物・らっきょう・梅干しなどの酸味のあるものを一緒に摂ることで働きを助けたり、バランスを摂ってくれるので効果的です。

夏は、暑さの中で過ごすのが基本なのです。
上記のように、冷たいものを飲食し過ぎると胃腸を弱らせます。

汗を出しやすくするために、血液は体の表面に集中し、胃腸を養う血液は不足しています。
そこに冷たいものを入れると、ますます血液は胃腸から離れていき、血液の巡らない胃腸は働きません。
その結果、飲んだもの・食べた物が消化されず胃腸に溜まったままとなり、胃が重い・食欲がない・むくみが出る・疲れやすい、となります。

夏の過ごし方はとても大切で、汗をかかなかったり体を冷やす過ぎたりすると、秋冬に体調を崩しやすくなります
ビールが美味しいこれからの季節ですが、これらのことに気をつけ養生を心掛け、夏を元気に過ごしましょう


Photo