秋は夏の焼け付くような暑さも終わり、じめじめした湿気もなくなり、
一年中で一番さわやかですがすがしい季節で、気分も落ち着いてきます[E:delicious]

私達の身体の中でも、暑さで消耗した体力が次第に回復し、整理活動も徐々に安定してきます。
発汗が少なくなり、体熱や水分・塩分の代謝もバランスがとれて、消化機能も平常に戻ってきます。

秋は体内の各器官・機能の
休息と調整の季節と言えますが、夏に消耗したものを十分に補充することも重要です。

秋と言えば、食欲の秋・スポーツの秋と良く言われますね。
東洋医学では
「収斂(しゅうれん)の秋」と言います。
これは、成長し栄えた夏の気を落ち着かせ静め、収めていく季節と言うことです。
そしてこの時、活躍するのが
「肺」です。

肺は、と言うエネルギーと水分
全身に巡らせていますが、秋になると、その方向性を表面へ向かってではなく、体の奥深い「腎」の方向へ収めていこうとします。
これはのちに、冬へとつながります。

この作業が順調にいかないと肺に水分が溜まる事になり、咳が続いたり喘息の発作が出たりします。

また、肺の
外竅(がいきょう:外部へ通じる出口)であるは、秋の空気の乾燥と相まってアレルギー性鼻炎が起こりやすくなります。

このような不調を起こす原因は、実は夏の過ごし方にありました。

夏に十分
汗を出し尿を出し暑さの処理をしたでしょうか?
これが出来てない方は秋になっても体に熱がこもっています。
そうなることで、秋に活躍する肺の働きも弱まってしまいます。

また、
夏の湿気は処理できたでしょうか?
それどころか、夏に
冷飲食の集中攻撃、アイスにビールにかき氷、
冷たいジュースにスポーツドリンク、冷たい牛乳

これらで胃腸
「湿」が溜まり、秋まで持ち込んでいないでしょうか?

この季節に体調の思わしくない方は、
夏のつけを引きずっている場合が多いので、これらを取り除いてあげることが必要です。

秋の養生では、
陰を補い・乾燥から身を守ることが大切です。

秋になると、次第に陽気が衰え始め陰気が盛んになってきますので、体内の養陰(陰を養う)が大事です。
と同時に養陰の為には乾燥に注意が必要です。
乾燥すると肺の陰気を損ないやすく、そして皮膚や咽頭などの乾燥により、呼吸器系の病気が発生しやすくなります。

上記のように、養陰し乾燥を防ぎ、胃腸の不調を取り除くには、

梨・ゴマ・柿・栗・白きくらげなどの季節の食材があります。

辛味の食べ物は、肺の働きを旺盛にし過ぎることがあるので、摂りすぎないよう注意しましょう。
(肺が旺盛になりすぎると肝を傷つけてしまいます。その場合、肝を補うにはブドウやリンゴ、トマトなどが良いです。)
また寝てばかりいると肺気が弱まりますので、眠り過ぎもいけません。

気温の変化が著しいこの季節にはあまり
厚着をし過ぎず、少しずつ寒さに慣れていくことも大切です。そうすることで寒さに対する抵抗力がつき、風邪などを引きにくくなります。
また、厚着によって汗をかき過ぎてしまうと、津液(しんえき:体内の陰)を損傷し、更に陽気も出ていってしまいます。
年齢や天候、状況によって変わりますが、小まめに衣服の調節をするようにすると良いでしょう。

なんと言っても実りの秋です。
上記の他にも、米・麦・さつまいも・里芋・じゃがいも・大豆・インゲン豆・ピーナッツ・くるみ・さんま・いわし・サバなどの旬の食材があります。

果物・穀物・魚など、この季節に味わえる旬の物から自然のエネルギーを摂り込んで、冬に備えて十分な栄養を補給しましょう♪


                Fom03

参考資料:東洋医学のお話より抜粋