こんにちは。
またまた登場、大塚です
以前のブログでご紹介した“小児はり”ですが、どんなものなのか、ご紹介します

“はり”といっても、小児用なので刺しませんのでご安心を

ではまず、どのような道具を使うのか?
12789700_779151855549310_830123524_o[1]















こちら
色々種類はあるのですが、当院ではこの金の棒を使います
近くでよーく見てみると…
12822692_779685068829322_109015994_o[1]















先が丸いのが分かりますか?
金はご存知の通り柔らかくて肌なじみが良いです。
ご来院いただいたお子様には、こちらを使ってツボの流れに沿って撫でたり、軽く押したりしながら治療します。

ところが
これ、自宅でできたら楽じゃないですか?
自宅で何か代用出来ないかな~?




おおーっと
こんなところにティースプーンが12822877_779683365496159_1857943883_o[1]
















こんな風に人差し指、中指、薬指を添えて持って下さいね。
そして、お子様の体を優しくナデナデ
「気持ち良いな~」
という程度の力で十分です。

スプーンで撫でて→反対の手で撫でて→軽く赤くなったら効果が出ているサインです。

親子で リラックスして楽しくしましょう。

手でマッサージしても勿論良いですが、道具を使う事で効果や反応を高める事が可能です。

こんな風にスプーンの背の部分を肌に当てて下さいね

12788574_779683305496165_938623474_o[1]















“小児鍼”と、聞くと幼児~学童対象のイメージがありませんか?
しかし、生後1ヶ月から高齢者まで、幅広い年代の方に出来る手技なんですよ(^^)v

スプーンは使用前に手でよく温めて下さいね

撫でる方向、場所、詳しいやり方等、分からない事があらましたらお気軽にご質問ください。