こんにちは
受付のいしぐろです

先日、『ランチ新年会』という名の
『ローストビーフを山盛りたいらげる会』を執り行いました。
これから先は式次第に沿って、その時の様子をご案内いたします。

第一回 ローストビーフを山盛りたいらげる会
次第(そもそも、これから回を増やしていくものなのかは不明。)

一、ローストビーフを箸で持ち上げる➜食べる➜ローストビーフを箸で持ち上げる➜食べる

  (しばらくは、それを繰り返してはしゃいでおりましたが、山盛りのローストビーフがなかなか
   なくならないので、若干焦りを覚えるスタッフも。)

一、ローストビーフを箸で持ち上げる➜また持ち上げる➜また持ち上げる➜また持ち上げる
 
  (確実に減っているはずのローストビーフ。しかしローストビーフをは山盛りのまま。
   その終わりない旅に、口数が少なくなる。

一、ローストビーフに添えてあるソースと西洋わさびで、アクセントをつける

  (そんな繊細なセンスを一切もたないおすずファミリーは、一口食べた時からソースをかける。
   但し、松江先生は、その繊細な部分を持ち合わせていることが判明。

一、ふぅぅぅぅぅぅぅとお腹をさすりながら、天を仰ぐ

  (と、言いつつ、食後のデザートをねだる3人。
   その3人が女子3人だと思ったら大間違い。友子先生。わたくし、いしぐろ。そして・・・
   岩切先生(㊚)。➜こちら私どもの中では普通の光景です。)

一、またこの場所に帰ってくることを固く誓う

  (リースナブルで満足感120点のBARMAR~バルマル・エスパーニャ宮崎駅店~に
   ワインが飲める時間に連れてきてもらうことを更におねだり。



16128773_1232087020245409_800631226_n[1]
















以上もちまして、第一回ローストビーフを山盛りたいらげる会を閉会いたします。
一同。礼。

では、みなさんごきげんよう