こんにちは
受付のいしぐろです

さて。大反響の特集企画。(実は、大反響なのかどうかは分かってないけど。)
 “あの先生の治療ってどんな感じ?ホントのところ、どんな人なの?” 
第2回目の今日は、この方ですっ

おすず治療室  鍼灸師 岩切貞賴。 (IWAKIRI SADAYORI)
(注)この辺りから、ちゃーちゃーちゃちゃー ちゃららーららーらら のテーマ曲が流れるはずだが、この曲が情熱大陸のエンディングテーマだと判明したため、今回より
じゃっじゃっじゃーじゃーじゃーっ じゃっじゃじゃーららーららーに変更。
(お気づきでしょうが、これこそ情熱大陸のテーマ曲。)

183cm大型。大きい割には繊細な岩切貞賴。
類人猿分類では、そう言われればそうかも、と思わせるゴリラ。大きさではない。
もちろん内面的なものである。
それを証拠に、なんともかゆいところに手が届く治療をする。
人あたりの優しい岩切貞賴。彼の治療は、どちらかと言うと、ソフトな治療を好む方に人気がある。
はじめてハリ治療を受ける方や、ご年配の方々に熱いラブコールを送られるのも納得だ。
例え、治療とは直接的な関係がなかったとしても、しっかり耳を傾ける。
どんな些細なことでも聞き逃さない。
それが最終的に、計画的な治療へと結びついていく、岩切貞賴が得意とする、かゆいところに手が届く治療だ。
しかしながら残念なことに、話し出すと止まらない、という致命傷とも言える欠点がある。
そう。岩切貞賴は、おしゃべりが大好きだ。
ここで間違ってほしくないのが、『男のおしゃべり』のイメージ。
そうではない。岩切貞賴は、女子目線の女子トークが大好きだ。
おすずスタッフ女子3人の輪には、必ず岩切貞賴の姿がある。しっくりなじんでいるのは有名な話だ。
そして何より、甘いものが大好き。
しばしば控え室に、我々スタッフが仰天しそうな飲み物が置いてある。
それが毎日続くと、必ず誰かに注意を受ける。しかし、次の日も置いてある。
どうしようもない無類の甘いもの好きだ。
しかしどこかで聞いたことがある。「甘いもの好きに悪い奴はいない。」と。
今日も、あの高身長から出てくる、スリムクラブ真栄田のような声で、女子トークを望んでやってくる患者さまが跡を絶たない。


002





























さぁ、次回は
どの先生の、どんなお話が聞けるんでしょうかっ

それでは、皆さま。ごきげんよう