こんにちは
受付のいしぐろです

特集企画。第三弾。
“あの先生の治療ってどんな感じ?ホントのところ、どんな人なの?”
ドンドンドンドン パフパフパフパフ ⇒(注)太鼓とパフパフって鳴るやつ。

今回も張り切ってお伝え致します


おすず治療室 黒木友子(KUROGI TOMOKO)
(ここで情熱大陸のメインテーマ曲を頭の中に流してください。セルフでごめんなさい。)

子育て真っ盛りの黒木友子。
出産2日前まで鍼を打ち、産後40日で職場復帰を果たす。
超驚異的身体能力を持つ鍼灸師。
類人猿分類では、冷静で、論理的なオランウータン。
研究熱心で、患者さまの症状を熟知し、ありとあらゆる角度から治療法を見出す。
自分が納得する治療ができるまで、決してその手を止めない。
生粋の職人肌である。
その熱心な治療ぶりが、多くのファンを持つ理由のひとつだろう。
大きな声では言えないが、その熱狂的なファンの数は、院長のトップの座を脅かすほどだ。
また、全体の把握力、観察力に長ける黒木友子は、
指示の出し方が明確且つ的確である。
我々スタッフの間では、「一家に一人、オランウータン。」と称されている。
そんな黒木友子だが、言わずと知れた変顔大将。
どんな写真にも、変顔で写りこもうとする。
公的な集合写真は、撮影時間わずか3秒で終了となる。
なぜなら、その黒木友子が、真面目な顔の写真を撮ることを特に不得意とするからだ。
3秒キープが限度だからなのか、面白くなさ過ぎて、早く変顔写真を撮りたいからなのか。
それは我々にも分からない。
とにもかくにも謎の多い人物である。
003





























さてさて。次回で最終回。
どうぞお楽しみに

それでは皆さま。ごきげんよう