こんにちは!鍼灸師の横山です

東洋医学の5つのタイプのうち、最後の2つを紹介いたします

『肺』タイプ
image1 (4)[自覚症状]

□アレルギー性の鼻炎、皮膚炎がある
□のどや気管支が弱い
□よく風邪を引く
□背中上部の産毛が多い
□便秘になりやすい
□むくみやすい















『腎』タイプ
image0[自覚症状]

□排尿障害を感じる
□むくみやすい
□疲れやすく、回復力が低い
□性的能力が減退している
□寒がりである
□足腰がだるい
□手足がほてる
□午後に微熱が出る
□骨が弱い、背丈が伸びない
□耳鳴りや中耳炎、難聴になりやすい
□無気力である
□腹式呼吸がしにくい







あなたはいくつ当てはまりましたか
以前もご紹介した3つのタイプもご覧ください



何をしてもどこに行っても良くならない症状はありませんか
実は、タイプによって体調の改善の仕方も変わってきます。
自分の体のタイプを知り、タイプに合った生活をすることで、
体調の良い状態で過ごすことが出来たり
タイプによってかかりやすい病気も違うので予防にも繋がります

是非、自分のタイプを知ってみて下さい
気になることがあればお気軽にご相談してみてくださいね

それではまたっ