皆さま、こんにちは!
鍼灸師の河原です

以前、「円形脱毛症」の患者様の症例報告をさせていただきました
「円形脱毛症」とはその名の通り、円形や楕円形の脱毛班が突然生じる疾患のことを言います

実はこの症状、10円玉くらいの脱毛と思われているのですが、頭部全体に広がるものや眉毛やまつ毛、体毛などに及ぶ重度のものまで、その症状は様々あるのです

今回は部分的ではなく、頭全体に脱毛が及んでいる症状の報告をさせていただきます

●20代女性 Uさま 〈初診日〉令和2年5月26日 〈主訴〉脱毛症
今年の4月に髪が急に抜け始めた。
中学生の頃にも、同じような症状があり、薬を服用し2か月くらいで治癒した。
今回は前回よりも多く薬を服用しているが、症状の改善が見受けられず、当院を受診したとのこと。
髪以外にも眉や足の毛が抜けていて、脱毛症になってからは便が2~3回/日とやや多く、下痢になることが多い。
睡眠時間は8時間ほどだが、夢を見ることが多く疲れが取れにくい。


今回の患者様も前回と同様、20代と年齢的に若く、生活環境に大きな変化があったようです
また職業柄、肉体的疲労も精神的疲労も大きいようで、両面での影響があるのではないかと、治療を開始しました

〈1回目〉
治療後、少し抜け毛が減った気がする。


1回目の治療の際には、しっかりと体調や生活習慣(特に食生活)のカウンセリングを行い、薬との向き合い方についても、アドバイスさせていただきました

〈4回目〉
便の回数が1回/日に減り、下痢をすることが減った。
体調がよく、薬も減らしている。


便が出ないことはもちろんのこと、便が出過ぎることも実は健康にとって良い傾向とは言えません
便の数が多く、更にそれが下痢であるということは、口から摂取した栄養が上手に吸収されずに、便として排出されていると考えられます
(おすずではこれを“胃腸力が弱い”と表現しています)
今回の治療でそこが改善されたので、今後さらに症状の改善が見受けられるのではないかと予想されます

〈5回目〉
足や腕、指などのムダ毛が生えるようになり、下痢の回数が減った。


〈7回目〉
薬の服用を辞めた。
6回目の治療で生えてきた産毛のような短い毛も、薬の服用を辞めてからドンドン伸びるようになり、抜け毛もかなり減ってきた。
前頭部に3か所の円形脱毛症があり、そこは以前にも生えてこなかった。


脱毛症の原因として自分の免疫が毛根を攻撃してしまい、髪が抜け落ちるということがあります
そのため、免疫を抑える薬をUさまも服用されていたようですが、それを辞めたことによってか、髪がドンドン伸びるようになったようです

〈まとめ〉
現在、9回の治療を終えて、坊主頭のような感じにまで髪が生えてきました
また爪の状態も綺麗になってきているようでした!
(東洋医学では爪の状態からも体調を判断することが多いのです)
治療のごとに体調の変化が見受けられており、ここから更に状態が良くなるのではないかと思われます


下に患者様に許可を頂き、写真を載せさせた頂きました!
「逆に薄くなってない?」と思われるかもしれませんが、実は治療前に生えている髪はほとんどが少し引っ張ると簡単に抜けてしまうような、脆い髪でした
ですが、5回目の治療後は、それが生え変わり頑丈で強い髪になっておりました
15972980215301597298019939
























































東洋医学は、西洋医学のように数値として可視化されるようなデジタルな医学ではありませんが、我々のリアルな生活の中から見つけ出された事実に基づいた医学なので、双方に得意分野・不得意分野がございます
病院で匙を投げられたとしても、諦めず東洋医学に頼ってみてください
長年、苦しんだことが意外とすんなり改善することもありますので


またお盆期間(8/13~8/15)も9:00~17:00まで営業いたしておりますので、疲れが溜まっていらっしゃる方はどうぞご連絡ください
基本的に当院は当日予約をされる方が多いので、気兼ねなくご相談ください!
もちろんコロナ対策もしっかりと行っておりますので、ご心配なく


それではみなさま
またんたび~