おすず治療室 はりきゅうLife♪

カテゴリ:みやざき中央新聞より

途上国の支援について、いろんな本を読むと、
専門家が現地に行っていいことをしたと思いがちですが、
その後の現地がどうなっているかという報告はほとんどされていないのが実状です。

実は、支援という名の下に、現地の人々にとって害になることが
行われていることも少なくありません。

例えば、私のいる地域にも支援プロジェクトが入って、
出産時の会陰切開が指導されました。
これは分娩時に会陰部を切開する介助法です。
その目的は、赤ちゃんを少しでも早く出してあげることと、
裂傷を負う前に切開して縫ったほうが後々きれいになること、この2点です。

しかし、現地の人々は、生む前に切開すると
赤ちゃんが元気に出てくると理解したんです。

しかし、切開した後に問題が起こりました。
切開した後は縫わなければいけません
縫うためには局所麻酔剤注射器ガーゼドクターの手袋が必要です。
抗生物質も飲んだ方がいいです。
じゃあ、この七つのものが買えない人はどうなりますか?

傷が開いたまま病棟に戻り、その結果産褥熱で亡くなった人がいたり、
会陰がそのまま傷として残ってしまって夫が逃げた人がいたりと、
いろんなことが起こったのです

一方、私のクリニックでは現在までに、2670人の赤ちゃんが誕生していますが、
会陰裂傷を起こした人はそんなに多くありません。
なぜかと言うと彼女らがいい体をしているかです。

裂傷するとかわいそうだと思って会陰切開を教えた結果、
貧しい人たちが泣いているんです。

こういうことが、途上国支援の現場ではたくさんあります。

本当の意味での国際協力をするためには、
まず現場をきちっと見ることが大切です。
既成概念を持って見るから
「途上国は汚い」
「手洗いを教えてあげなきゃ」
「水が汚いから煮沸消毒を教えてあげなきゃ」

と思ってしまうんです。

もう40年以上そういうことをいろんな国の人から言われているので、
みんなベースは知っています。
知っていてやってない、できない理由があるんです。

そんなことも含めて、現場をまずきっちりと曇りのない目で見ることが必要です。

私がやっていること本当に節介です。私がやりたくてやっています

なぜやっているかというと、このままだとフィリピンで
自然なお産が残っていかないと思うからです。
それを残したいんです。

自然なお産で生まれた赤ちゃんってそんなに泣きません
もちろん妊娠中の様子もあります。
妊娠中のお母さんが穏やかだったという前提が付きますけど。
家族













自然なお産の恵みって何だろうと考えてみました。

自然に生まれた子どもは、次の子を自然に生める力を持っている思います。

産道からから出た直後から自然な状況にさらされると、
子どもの免疫能力は高まります。
そしてお母さんと一緒にいると赤ちゃんは安心して育っていけます

例えば、生まれたばかりの赤ちゃん私がお風呂に入れると赤ちゃんは泣きます。
それで、お母さんの横に戻したらピッと泣きやむんです。
生まれて間もないのに母さんが誰で、
誰が一番安心できるのかわかっている
んですね

ですから母子分離のない自然なお産が続いてほしいなと思っています。


命をみつめて~6 つづく


  鍼灸おすず治療室
   (0985)22-2339

私は、日本人はきれいな環境の中で生まれてきて、手厚く保護されて
育てられているから弱くなってきている
んだろうと思っています。

というのは、娘が通うインターナショナルスクールで、こんなことがあったからです。
そこにはいろんな国の子どもたちが500人ぐらい通っています。
白人も、アジア人も、フィリピン人もいます。

それで、1人の子が髄膜炎にかかりました。けいれんして高熱が続き
脳炎にまでなり、日本に緊急搬送されました

2人目からは処置が早かったんですが、結局、合計6人がかかりました
その6人、全員日本人でした

別にその6人がいつも遊んでいたわけじゃないですし、学年もそれぞれ違いました。
一方、うちの子と、もう一家族、あまりきれいでない地域で生活している
家の子はかかりませんでした。

かかった6人の家庭は、
「途上国=汚い」・「フィリピン=危ない」
と思っていたので、フィリピンに来てから欠かさずに使っていたもがあったんです。
何かというと、除菌スプレーです。

ある家庭にPTAの集まりで行って家に上がろうとしたら、
「冨田さん、待って、待って」と言われて、どうしたのかなと思ったら、
「今、うちのお手伝いが歩いちゃったの」と、フィリピン人のお手伝いさんが
歩いたであろう道をシュッシュッシュッと除菌スプレーを掛けていたんです。
空気中にも除菌スプレーを撒いていました。

そうやってきれいにした家庭の子どもたちだけが
髄膜炎になっていた
んです。…どう考えますか?

かつては途上国にがんとかアトピーはありませんでした
でも、今はものすごく増えています

何が変わったかというと食べ物です。一気に食べ物が先進国化したんです。

ミルク・パンなど、いろんなものを食べられるようになりました。
その結果、病気が増えているんです。

例えば、チーズは本来、冷蔵庫に入れておかないと腐るものですが、
フィリピンのチーズは、40度ぐらいの室温でも
3年間の賞味期限が付いていて腐らないんです。

そこに輪をかけて、現代栄養学が入ってきて、
チーズが必要だよ、ミルクが必要だよ
と言うので、みんなそれを食べています。
その結果、病気が増えているんです。
乳製品










原因は添加物です。
フィリピンにももちろん添加物の規制はあるんですが、
実際にはコントロールされてりません
その結果、いろんなものが腐らなくなっています

確かに、腐らないおかげで私の住んでいる海側の地域でも
高原で採れたキャベツとかレタスが手に入るようになりました。

でも、驚くほど保存料がかかっていて、時々かかり所が悪いと
それが原因で食中毒を起こ
んです。

市場は冷蔵設備もエアコンもありません。
熱帯ですから、室温が36度とか、37度になります。
それなのに、チーズもマーガリンも溶けもしなければ腐りもしません

パンもそうです。買ったら買った時のまま、ずっと何日もカビないで干からびていきます

そんな食材を食べているとどうなるかというと
がん患者がものものすごく増えました

13年前にクリニックを開いた時は、まだがん患者もアトピーの子もいませんでした
今では毎日のようにアトピーやがん患者さんが来られます

食生活の変化は本当に恐ろしいです。
自然界にないものを食べ続けていくことで病気が増えているんです
自然な食生活の大切さを実感しています。


命を見つめて~5 つづく



  鍼灸おすず治療室
       (0985)22-2339

私たちのクリニックの横にある井戸に、毎日お姉ちゃんが妹の体を
洗ってあげるためにやってきます。
井戸










石けんはないので、お姉ちゃんは石で妹をこすってあげています

途上国は江戸時代だと思ってください。
そして、石けんで手洗いをしている日本のほうが
病気が増えているという事実
があるんです。

なぜかというと、石けんで一回手を洗うと、常在菌が戻ってくるまでに
8時間から10時間かかる
ので、菌を取り去った結果、免疫力が弱くなってしまうんです

免疫力を高めるには、小さい頃に菌にさらされることが非常に重要です。
でも、小さいときにきれいにしすぎるとそのチャンスを逃してしまうのです。

例えば、おたふ風邪とか水疱瘡のような流行病は
小さいうちにしたほうがいいといわれていますよね。
大人になってからすると、不妊症になったり、
熱が長引いて重くなることがある
からです

免疫を高めるのもそれと一緒です。今の日本ではきれいにし過ぎた結果、
自己免疫力が下がり、病気にかかりやすくなっているんです


私たちが本当に見なくてはいけないのは、
その人たちが清潔かどうかではなく、病気をしているかどうか、です。

赤十字の人が少数民族の方々に現代医学を教育する場面に居合わせたことがあります。
私はそれを見ていて大爆笑しました。

少数民族の人たちは特別な言葉を話すので、集落長が通訳しました。

赤十字の人が、
しっかり石けんで手を消毒した上で、ご飯を食べたり調理をしましょう
と衛生指導していました。

それを集落長は、
いいかお前ら、よく聞け。こいつらは悪魔だ。手は洗うなよ。
 俺たちの手には精霊がついているんだ

と通訳したんです。

同時通訳のように伝える集落長の言葉を
みんな「うんうん」と頷いて聞いていました。
赤十字の人たちは、それを見て安心して話していました。

この少数民族の人たちにとっては、石けんで洗わないこと
たぶん正しい知恵なんだと思います。
だって、その土地で何千年も病気にもならずに生きてきたんですから。
なぜ今になって石けんで手を洗わなければならないのか?誰が得するのか?

きれいにした結果、石けんを作っている会社が儲かり、
体が弱くなって病院が儲かるだけ
です。
病原菌












江戸時代には本当に理想的な生活がありました。

食事は一汁一菜で、ご飯は玄米や雑穀米でした。
その食生活で健康が保たれるように体が適応していたんです。

歯磨きだって、歯磨きしなきゃ虫歯になると教えられてきたから
そうしんじていますけど、昔から歯磨きなんてしていたわけではないですよね。

歯垢ができる原因は、食べ物が変わってしまったことです。
人工的な添加物と精製された砂糖のミックス、さらに噛まなくなって唾液が
減ったことによって歯磨きが必要になった
んです。

なぜ知覚過敏になるかというと、歯磨き粉の中に研磨剤が入っているからです。
一生懸命磨くと研磨剤が歯の表面のエナメル質を削ってしまう
んです。
それで知覚過敏になり、それを再石灰化する歯磨き粉が出てきています。
また、磨きすぎて常在菌のバランスが崩れた結果、歯周病が起こっています

でも、今の状況から急に江戸時代の生活に戻したら、
みんな病気になってしまうと思います。
少しずつ戻していけたらいいなと思っています。


命を見つめて~4 つづく



  鍼灸おすず治療室
   (0985)22-2339


夫の仕事の関係で、私もフィリピンに行くことになり、
最初はフィリピンでも少数民族がいるところに入りました。
狩猟採集をしている人たちで、小鳥の肉を指先に付けて、
それをちょっとずつ家族が分け合って食べているような状況でした。

東京大学の先生が、その少数民族2000人の血液検査をしたところ、
全部パーフェクト
でした。
総タンパク、アルブミンは正常値で、貧血や感染症はなかったし、
みんな元気だったんです。
つまり、その民族が伝統的にやってきた生活のパターンを
崩さない限り、人々は健康でいられる
ということです。

その一方でお産を歪める力が大勢力を誇っています。

現在でもお産の時、妊婦さんのお腹を押します。
中にはお腹の上に膝乗りした結果、初産婦さんが亡くなるケースまであります。
現場の人たちには、
「初産はしょうがない、亡くなるものだ」
という常識ができ上がっているんです。

それで、お腹を押させないようにするためにも、気張らなくてもいい場所を
作りたかったので、最初は友人の家の庭先に簡易な施設をつくりました。

実は、当時の私は「貧困はかわいそう」と思っていたので、
心に大きなスクリーンがかかっていて、現場から素直に学ぶことができなかったんです

貧困って本当にかわいそうなことなのでしょうか。

例えば、一つの大家族があります。子どもがわんさか生まれます。
それを「かわいそうだ」と思ってしまうと、どんなにニコニコしている様子を見ても、
「かわいそうね、こんなに次から次へと子どもを生んで。
 教育が本当になってないのね」
と捉えてしまいます。

でも、親は、「子どもがぎょうさんおって楽しいな。いっぱいおるから
一人ぐらい賢い子がおるかもしれんな。その子が稼いでくるで~」
みたいな希望で、子どもを見ていたりするんです。

「かわいそう」と思うと、同じ家族を見てもストーリーが違ってしまいます。
だから「貧困はかわいそう」という気持ちをどうやって払拭するかが大事なんです。

「でもね、冨田さん。ぼろ家に暮らしていたり、ゴミ山の中で暮らしている
子どもたちってやっぱりかわいそうよ」
と思う人もいるかもしれませんね。

日本の今の生活から昔の生活を見ると、やっぱりかわいそうだと
感じるのはしょうがないです。
雨は吹き込むし、洪水になったら町中、水浸しになります。

でも、彼らは強いんです。洪水になると、養殖池から魚が流れてきたりするので、
大喜びで水の中を動き回って、「魚が来た!」「今日の夕飯はごちそうだ!」
と盛り上がるんです。

24時間水の中で暮らしていても、全くストレスにならないんです。

それを見た時に、私は負けたと思いました。
だって、水は全然引かないわけです。
私にとってはすごいストレスでした。
彼らはそれすら乗り越えられる精神力を持っているんです。

また、吹き抜けの家で生まれた、体重が1.9㌔の赤ちゃんがいました。
皮下脂肪が少ないので、風が吹いたりして寒くなると一気に体温が下がってしまいます。

そんな子どもでも、お母さんが気を掛けて、心を掛けて、声を掛けて
自分の胸の中で抱っこし続ければ、立派に育っていく
んです。

「かわいそう」と思ってしまうと、物事が正確に見えなくなります。
事実を見る目を持ってほしいと思います。
mhbaby_b








命をみつめて~3 つづく



  鍼灸おすず治療室
   0985-22-2339

もう一つびっくりしたのは、日本で見てきた病気が
途上国にはあまりなかったことです。

特にがん患者はいませんでした。もちろんCTスキャンも病理検査もできないですから、
本当に全てのがんがなかったかどうかはわかりません。

でも、表面に出てくる、骨肉腫や乳がん、皮膚がんといった
がんの患者さんは全くいませんでした。

先日ある学会でお話した時に、大学の先生も、
「皆無とは言わないが、昔はほとんどがん患者はいなかった」
と言ってました。本当に少なかったんだろうと思います。

じゃあ、どんな人が多かったかというと…
風邪・頭痛・腹痛・胃痛・下痢・尿路感染症・骨折・火傷など、
昔からある病気です。

一方…
水疱瘡・おたふく・喘息もアトピーも自閉症もありませんでした。
アトピー






では、途上国と私たちの暮らしの何が違っていたのでしょうか。

途上国ではほとんどの人が昔からの伝統食を食べていました。
伝統食を食べていれば、体がその土地に適応するんです。

モルディブはカレー文化の国です。
その国に病院の師長として派遣された私は、【偉い人】として接待されたんですが、
その食事は、お米は食べ放題で、おかずは具なしのカレーでした。

そんな食事を続けた結果、私は栄養失調になりました。
蚊に刺された跡が治らなくて、一年以上ジュクジュクしていました。

ところが現地の人たちは、全然栄養失調なんかじゃありませんでした。
長い間その食事で暮らしているので、体が適応しているんです。

もう一つ私の体に起こった変化は、アトピーが治ったことです。

モルディブに行く前はものすごいアトピーだったのですが、
モルディブで栄養失調になってアトピーがすっかり治ったんです。
現代医療、現代栄養学をもってしても私のアトピーは治らなかったのに
飢えたら治ったんです。

それ以来、現代栄養学というのは、今の経済仕組みに合わせた
栄養学だと思うようになりました。


また、それまでの私は「現代医療は人を救う」と信じていました。
それで看護師を志し、途上国に行ったんです。

ところがそうじゃなかった。
診察して、診断を付けて、それに対して処方箋を書いて、
「この薬を買ってきてください」
と言うだけの現代医療は通用しなかったんです。

薬を買えなければ何もできないのが現代医療だったんです。
だから、モルディブの病院ではお金のある人だけしか助けられませんでした。

病院のベッドで寝ることだけはタダだったので薬が買えない子どもやお年寄りが、
そのまま亡くなっていくというのが、病院の当たり前の風景でした。

モルディブには2年間滞在し、人々を助けると思っていた現代医療が
人々を助けなかった
という悔しい思いをして帰ってきました。

それから…
「日本人にとっての伝統食って何だろう」
「お金のかからない医療というのはあるんだろうか」
と考えるようになりました。


命をみつめて~2 つづく




  鍼灸おすず治療室
   (0985)22-2339

このページのトップヘ