おすず治療室 はりきゅうLife♪

カテゴリ:季節の養生法

こんにちは[E:happy01]

気持ちの良い、カラッとした晴天~[E:sun][E:sun]
梅雨明け宣言もあったようで、本格的に夏が始まりますね[E:cancer]
今年の夏はどれだけ暑くなるのやら・・[E:coldsweats01][E:coldsweats02]

そんな夏の為の養生法を今日はつづってみたいと思います[E:wink]


夏は気(生命エネルギー)を外に放散させる季節
東洋医学では、夏を天地陰陽の気が盛んに交わり、万物が成長・反映する季節ととらえます。
人も内にある陽気を、皮膚を通じて外に放散させることが重要だととらえます。

*汗をかく
体の中にたまった熱を外へ放り出して体を冷やすのには、最も効率の良い自然な方法です。
クーラーで体を冷やせばいいという考え方もありますが、いつもクーラーで冷やして汗をかかないようにしていると、汗を出すという機能が退化してしまい、汗の出ない体質になってしまいます。
と言うことは、を出して体温を下げる機能が退化すると言うことで、余計に体温は上昇し、体の熱が放散できない為、熱射病などにもなりやすいのです。
また、夏は汗を出して、汗でしか排泄できない蓄積してきた一年分の老廃物を放り出す季節でもあります。
それをしない人は、何年もかけて徐々に健康を損なっていくことになります。

*陰の補給
水分補給のコツは、一度に大量に入れるのではなく、少しずつ何回にも分けて補給することです。
夏は汗を出すために体中の血液は体の表面に移動しており、内部にある胃や腸を働かすための血液は不足しています。
そこに一度に大量の水分を入れれば、それらの水分は胃腸に停滞して溜まるだけとなり、いくら飲んでも体は冷えないのです。
それどころか、ますます胃腸を弱らせて食欲をなくし、夏バテへと進みます。

主に水やお茶で水分を補給すると思いますが、糖分を含むものや牛乳などは体のバランスを崩しやすくするので、なるべく避けるとよいでしょう。

*食べ物
夏に最も必要とされるものは
苦味です。
なぜかと言うと、夏は血液の循環が非常に盛んで心臓に一年中で一番負担がかかります
この心臓を休ませる作用があるのが苦味なのです。
また、夏野菜には体を冷やす作用があるので、旬の夏野菜を摂って体を冷ますようにすると良いでしょう。

☆野菜参考☆

かぶ・トマト・なす・ゴーヤ・きゅうり・ピーマン・かぼちゃ・トウモロコシなど。
その他にも、しょうが・ネギ・わさび・シソなどの薬味や、酢の物・らっきょう・梅干しなどの酸味のあるものを一緒に摂ることで働きを助けたり、バランスを摂ってくれるので効果的です。

夏は、暑さの中で過ごすのが基本なのです。
上記のように、冷たいものを飲食し過ぎると胃腸を弱らせます。

汗を出しやすくするために、血液は体の表面に集中し、胃腸を養う血液は不足しています。
そこに冷たいものを入れると、ますます血液は胃腸から離れていき、血液の巡らない胃腸は働きません。
その結果、飲んだもの・食べた物が消化されず胃腸に溜まったままとなり、胃が重い・食欲がない・むくみが出る・疲れやすい、となります。

夏の過ごし方はとても大切で、汗をかかなかったり体を冷やす過ぎたりすると、秋冬に体調を崩しやすくなります
ビールが美味しいこれからの季節ですが、これらのことに気をつけ養生を心掛け、夏を元気に過ごしましょう


Photo

こんにちは[E:happy01]

長く続いた晴れの日でしたが、やっと恵みの雨が降り始める季節になりました。
雨が降ったといっても、まだ宮崎は水不足の状況ですね[E:coldsweats01]

ここ2日は雨が降りそうで降らない天気[E:cloud]
週末はお天気の予報みたいですね[E:sun]

雨が降るとなんだかジメ~ッとして嫌だけど、降らないと田んぼもダムも干上がって困りますね[E:shock]
本格的な梅雨に入るにはもう少し時間がかかりそうですが、水不足にならないことを願っています[E:rain][E:shine]


さてさて、今日はそんな梅雨を乗り切るお話です[E:flair]


東洋医学では、梅雨の時期に起こる体調のトラブルは「湿邪(しつじゃ)」のせいだと言われています。

湿邪の特徴は、胃腸の機能
悪影響を与えることと、気の流れ邪魔することです。
普段から胃腸が弱く、体内に余分な「湿」を抱えている方は、余計に「湿邪」の影響を受けやすくなります。

湿邪の影響で起こりやすい症状として、

・体が重だるい(特に午前中)
・関節や筋肉が動かしにくい
・顔や手足がむくむ
・食欲不振や食後にお腹が張る
・口の中が粘る

・痰がよく出る
・神経痛の痛みが強くなる


などの症状が現れやすくなります。
この湿邪とは簡単に言うと、「余分な水分」が引き起こす様々なトラブルであり、大きく分けて2つの要因があります。

●環境や気候など、外からの影響
・じめじめした湿地に住んでいたり、日本なら高温多湿の梅雨時期など。
・湿気は汗腺を覆い、汗を出にくくする事があります。
            
↓↓↓
軽い運動で汗を流したり、食材なら湿を取り・発散作用のある、しょうが・ネギ・山椒(さんしょう)などがおススメです。
香り成分のあるシソ・ゆず・らっきょう・みかんの皮なども気の巡りをよくし、痰を取ったり食欲を増進させてくれたりします。



●体質や飲食の不摂生など、内からの影響
・もともと湿を溜めやすい体質、冷たいもの(冷えたビールなども)、生もの、甘いものなど食べ過ぎにより起こります。
・水分代謝の悪い人は湿を溜め込みやすく、この時期に頭痛や吐き気、食欲不振や頭が重だるくなったりしませんか?
             ↓↓↓
こういうタイプの人におススメなのは、お米・長芋・かぼちゃ・ナツメなどの胃腸の機能を補うものや、利尿作用のある小豆・大豆・そら豆・ハトムギ・トウモロコシ、魚ならスズキやどじょうなどがいいでしょう。

飲食の不摂生では、特に冷たいもの・生もの・甘いものなどが好きな人は「寒湿(かんしつ)」と言って、手足の冷えや下痢、お腹の痛みを引き起こしやすいです。
体を温める、しょうが・ネギ・にんにく・シナモン・ニラ・えびなどを食卓に上手に取り入れましょう。

上記とは逆に体内に熱を持っていたり、脂っこい物や香辛料が好きな方は「湿熱」と言って、ネバネバの便やニキビ、のどの渇きや口臭などの症状が出やすいです。
冬瓜・苦瓜・トマト・きゅうり・大根・昆布などを摂るようにし、お酒やお肉中心の食事には気を付けましょう。

この時期は暑くなってくるため、つい冷たいものを摂りがちになりますが、
その結果胃腸を冷やすことになり、ますます「湿邪」の影響を受けやすくなりますので注意が必要です。
梅雨時の養生法としては極力、冷たいもの生ものを控えて、
胃腸の陽気(パワー)を守ることが最重要となります。
もちろん、辛いものやお酒も、過度に摂る事で胃腸を弱めますので注意が必要です。

また、クーラーなどで体が冷えると汗をかきにくくなり、新陳代謝も悪くなりむくみの原因にもつながります。
体を冷やさない=温めるという事にもつながります。
温めることで胃腸不調の予防になり、新陳代謝も上がるので汗をかき、むくみ予防につながります。

わたしもすごーくむくみ体質で、この季節はやはり、特に足のむくみや身体の水はけの悪さを感じます・・・[E:think][E:sweat02]
なので家に帰って足湯をしたり、運動をしたり、ふくらはぎのマッサージ・ツボ押しやストレッチをするようにして、足のだるさやむくみの解消に努力しています[E:wink][E:shine]
お酒もなるべく・・・控えてますよ~[E:smile][E:good]


気温の変化が著しい季節ですが、上記のような生活態度や飲食など、
日頃の生活習慣を見直し・養生をして乗り切りましょう


鍼灸おすず治療室HP               Photo

1今日は風が強いですね[E:typhoon][E:sweat01]
暖かかったり寒くなったりと、気温の変化が大きい今日この頃ですが、体調管理には十分お気を付け下さいね[E:happy01]

さて、3月に入り冬ももうすぐ終わりです。
旧暦上ではもう春になりますが、今日はそんな春の養生法、過ごし方について少しお話しさせて頂きます。


とは、芽生え・発散しようとするものがあり、植物は発芽し、若芽を出し花を咲かせます[E:tulip]
虫は動きだし、動物は生殖機能も旺盛となり、いわゆる盛りがつく季節でもあります[E:chick]

人の体も同様で、体の奥にしまっていたエネルギーを体中に行き渡らせていきます。
そして、その作用があるのが「肝(肝臓)」です。
その為、春は肝が傷みやすい季節でもあります[E:wobbly]

うまく、肝からのエネルギーが全身に巡ればいいのですが、実際はうまくいかない事の方が多いです[E:coldsweats02]


西洋医学的に肝臓の働きには解毒・消化液の分泌・代謝などがあり、また、沈黙の臓器とも呼ばれています。
なぜそう呼ばれるのか、それは肝臓には再生する能力があるので半分以上の肝細胞が死んでしまったとしても、他の肝細胞がそれをカバーする為、よほどの状態にならないと症状に現れにくい為、そう呼ばれるのです[E:flair]


と、話が少しそれましたが・・・[E:coldsweats01]
肝からのエネルギーがうまく全身に巡らないと、次のような症状が現れやすくなります[E:danger]

便秘・下痢・イライラ・高血圧・生理不順・不眠・眠気・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎などが引き起こされます[E:bomb]

なので、春にこのような症状が出やすい方、もしくは肝臓の弱い方は体調が優れない事が多いはずでしょう[E:think]


そんな方の養生法として、苦味・酸味の食べ物を摂りましょう。
「春は苦味を盛れ」と昔から言われるように、旬の食べ物にはつくし・たけのこ・わらび・ふきのとうなど苦味の食材がありますから、旬のものから苦味を摂る事が1番です[E:delicious]

また、酸味のあるものは肝臓の疲労に良いとされているので、レモン・グレープフルーツ・梅・モズクなどで疲労回復や予防に役立てると良いでしょう[E:good]

食べ物だけでなく早寝早起きを心がけ、日の出・日の入りと共に生活のリズムを作り、ゆるやかな気持ちの良い運動をすることで自律神経のバランスを整える事が、この季節の養生なります[E:happy01]


心当たりのある方、またはそうでなくてもできる事から実践し、日々を元気に楽しく過ごせるよう養生してみませんか[E:wink]




鍼灸おすず治療室HP

このページのトップヘ