おすず治療室 はりきゅうLife♪

カテゴリ:うんちく・小ネタ

『日本人の体力』
かなり長文ですが、とても納得&勉強になります!
是非ご覧ください。

明治期までの日本人が、今と比べればとてつもない体力を持っていたということは、当時日本を訪れた外国人の残した多くの文献に記されている。今回はその中の幾つかを紹介してみたい。
...
まずは、ドイツ帝国の医師・ベルツの手による「ベルツの日記」から。
 
エルヴィン・フォン・ベルツ(1849~1913)はドイツ生まれ。ライプツィヒ大学で内科を修めた後、27の歳に明治政府によって招聘され、以後29年間日本に滞在する。
幕末から明治にかけて日本が「殖産興業」を目的に先進技術や学問・制度を輸入するために雇用した、いわゆる「お雇い外国人」の一人だった。
東京医学校(後の東京大学医学部)において医学や栄養学を教授し、滞在中日本人女性(花子)を妻に娶っている。
そのベルツが、ある日東京から110km離れた日光に旅行をした。
当時のこととて道中馬を6回乗り替え、14時間かけやっと辿り着いたという。
しかし二度目に行った際は人力車を使ったのだが、なんと前回よりたった30分余分にかかった(14時間半)だけで着いてしまった。
しかもその間は一人の車夫が交替なしに車を引き続けたのだった。
普通に考えれば、人間より馬の方が体力があるし格段に速いはずなのだが、これではまるで逆である。
この体力はいったいどこから来るのだろう。
ベルツは驚いて車夫にその食事を確認したところ、
「玄米のおにぎりと梅干し、味噌大根の千切りと沢庵」という答えだった。
聞けば平素の食事も、米・麦・粟・ジャガイモなどの典型的な低タンパク・低脂肪食。もちろん肉など食べない。
彼からみれば相当の粗食だった。
そこでベルツは、この車夫にドイツの進んだ栄養学を適用すればきっとより一層の力が出るだろう、ついでながらその成果を比較検証してみたいと、次のような実験を試みた。
「ベルツの実験」である。

22歳と25歳の車夫を2人雇い、1人に従来どおりのおにぎりの食事、他の1人に肉の食事を摂らせて、毎日80kgの荷物を積み、40kmの道のりを走らせた。
然るところ肉料理を与えた車夫は疲労が次第に募って走れなくなり
3日で「どうか普段の食事に戻してほしい」と懇願してきた。
そこで仕方なく元の食事に戻したところ、また走れるようになった。一方、おにぎりの方はそのまま3週間も走り続けることができた。

当時の人力車夫は、一日に50km走るのは普通だったという。
ベルツの思惑は見事に外れたのだった。
彼はドイツの栄養学が日本人にはまったくあてはまらず、日本人には日本食がよいという事を確信せざるをえなかった。
また彼は日本人女性についても「女性においては、こんなに母乳が出る民族は見たことがない」とももらしている。
それらの結果、帰国後はかえってドイツ国民に菜食を訴えたほどだったという。 

西欧人から見れば粗食と見える日本の伝統食が、実は身体壮健な日本人を育てる源泉だったという証左は枚挙にいとまがない。
例えばフランシスコ・ザビエルは1549年(天文18年)に、「彼らは時々魚を食膳に供し米や麦も食べるが少量である。
ただし野菜や山菜は豊富だ。
それでいてこの国の人達は不思議なほど達者であり、まれに高齢に達するものも多数いる」と書き残している。

開国の頃、日本人は西欧人が、そして今の私たちが驚くほどに健康で頑強な体をしていた。
なりは小さいながらも実力では西欧先進国の水準を遥かに超えていた。
これがやがては日清・日露、そして二度に亙る世界大戦で、人的能力では実質「世界最強」を示したわが国軍事力の礎ともなるのである。それは白人優越主義時代のただ中にあって、生の日本人の姿を見た欧米人にとっては信じがたい、けれども歴然とした事実だった。
しかし、にもかかわらず明治政府は、ベルツの研究結果よりもドイツの「栄養学理論」を重んじて、フォイトの「欧米人並みに体を大きくする栄養学」の方を選んでしまった。
ドイツの栄養学者・カール・フォン・フォイト(1831~1908年)はミュンヘン大学の教授であり、また栄養学においては当代一流の権威を持つ人物だった。
彼は健康そうなドイツ人の食生活調査から、体重64kgのドイツ人は一日当たりタンパク質118g、脂肪56g、糖質500g、およそ3000kcalを摂ることが望ましいと算出していた。
そこで政府はその理論に基づき、当時の日本人は小柄で体重が52kg程度だったことから、これを比例配分して「タンパク質96g、脂肪45g、糖質415g、2450kcal」を日本人の栄養所要量と定めた。これは当時の日本人の食生活「タンパク質56g、脂肪6g、糖質394g、1850kcal」を大幅に超えるものだった。元々「低タンパク・低脂質・高糖質」で健康だった日本人に対して、ドイツ人並みの「高タンパク・高脂質・低糖質・動物食中心」の食事に改めるよう指導したのである。
ここから日本の「カロリー・栄養素計算偏重主義」、西洋の栄養学一辺倒の現実離れした健康政策が始まる。
 
最後にベルツ関連として、もうひとつの実験を紹介して終わりとしよう。
これは、とあるアメリカの大学において行われた「肉食と耐久力に関する実験結果」である。
肉食をしている人と、全く肉を食べない人との体力と耐久力についての比較検証だ。(「大東流霊的食養道」というサイトからの部分転載)

肉常食者と、そうでない人の実験結果から、「腕を支える力」については、肉常食者15人のうち、15分以上腕を伸ばしたままでこれに耐えられる人は僅かに2人しかおらず、肉を食べない人の場合は、32人中、23人がこれに耐えられたとある。
更に時間を30分に延長し、これに耐えられた肉常食者は一人もいなかった。一方、肉食をしない人のうち、15人がこれに成功したばかりでなく、そのうちの9人は一時間を経過し、そのうちの一人は3時間を突破していたのである。
また、スクワット(上半身を伸ばした状態で、膝の屈伸をする運動で、大腿部の強化を目的とする)については、肉常食者では300回以上できた者は非常に少なく、実験終了後、ろくに歩く事が出来ない者が続出した。
一方、肉を食べない者は、1800回もやり、この実験が終っても疲れを見せないどころか、その中には、2400回を越える者が数人居り、その中に一人は5000回まで達した者がいたと言う。
更に追言としてあげれば、この実験の被験者として選ばれた「肉食をしない人達」は、特別な運動の訓練も、スポーツも何一つ体験した事のない一般の人達であった。
一方、肉常食者は全員が運動やスポーツ体育の専門家であり、こうした専門家でありながら、何もやっていない人に、専門家が負けたのである。

とあるベルツの著作に上記の趣旨が記されているとのことである。
しかし、よく読むと「本当かな?」と思える内容もあるにはある。
例えばスクワット(フルスクワットまたはヒンズースクワット)を1000回以上できる者など、仮に運動選手であってもそう大勢いるはずはない。
菜食をしたからといっていきなりスーパーマンになるわけではないのだ。
なのでここでは「こんな事も言われている」程度に受け取ってくれればよいかと思う。
ただひとつだけ言えることは、一つの実践は百千の理屈に勝る。
ベルツの実験とフォイトの理論、さてどちらが本当だったのか、疑問があればあなたも自分の体で確かめてみてはどうだろうか。
仮に今の食生活を半年でも変えることができたならば、その人はきっと、その先思いがけない可能性を手にすること間違いはない。
人力車












   鍼灸おすず治療室
    (0985)22-2339


こんにちは~

今日は曇っていますが相変わらず暑いですね((+_+))

みなさん!!今日は8月9日ですが、何の日かご存知ですか~

いろいろ語呂合わせはありますが、はりきゅうの日なんです

言われてみれば、、、って感じですよね

なので今日は少し鍼灸を知って頂きたいと思います



鍼灸治療は今から約2000年前から中国で存在していて、日本に伝わってきたのが約1400年です

想像できない程前からこのような治療法があったとはとてもビックリですよね!!

西洋医学よりも昔からこのような東洋医学は存在し今もこうして医療の一つとして残っているので、鍼灸治療が怖いという方も少しは安心して頂けると嬉しいです


鍼ってどんなの?お灸って熱いの?火傷は?と初めて治療室に来られた方からご質問を頂きます。

なので今日は写真を用意しました


0022

では左上の①から説明していきます(^^)

①は毛鍼という鍼のなかでも一番細い鍼です。その細さは髪の毛よりも細いので痛みはほとんどありません

②は灸頭鍼(きゅうとうしん)といって、鍼のうえに⑤をつけてお灸をします。火傷の心配もなく温かくて気持ちのいいお灸です(^O^)

③はもぐさといってヨモギからできています!!ヨモギと聞くと身体に良さそうだなと思う方もおられると思いますこのもぐさを⑤のように丸めたりお米の粒より小さくしたりして治療していきます。

④は灸点紙(きゅうてんし)というもので、痛いところにお米の粒より小さいもぐさを乗せてお灸していきますが、このお灸も火傷の心配はなくほんわかと温かくなります


簡単に説明しましたがいかがですか?

少し鍼灸に対しての不安がなくなった方がいると嬉しいです

患者様の立場になり不安に思うこと、疑問に思うことなど私なりに考えて更新していきたいと思います

いつも読んでくださる方ありがとうございます



こんばんわ♪

今、36年間の人生で一番太ってしまった、おすず院長です[E:coldsweats01]

今日から本気のダイエット計画中?

いや、今日から実行します[E:shine]

 

昨日は、鹿児島市で行われた研修会に参加してきました

講師は愛媛県の池田政一先生。

鍼灸師で池田先生を知らない方はおそらくいないと思います。

それくらい学・術共に実力のある有名な先生です。

P1040725_2

鹿児島、宮崎から60名を超える参加者。

皆さん、池田先生の実技を真剣な眼差しで見ています。

そんな中、

P1040737

僕らも、ベストポジションから見させて頂きました。

鍼を打つ一つ一つの動作がとても丁寧で、すべてにおいて勉強になりました。

本物の技を目の当たりにし、僕ももっと努力をしなければ!

そんな気持ちになった一日でした。

今回、研修会に参加し、たくさんの鍼灸師と交流したことで普段とは違う刺激を受けることが出来ました。

この経験を生かし、今後の治療と僕自身の技に更なる磨きをかけ、治療に来て下さる患者様の為に役立てたいと思います!


 

おはようございます[E:sun]

梅雨の貴重な晴れ間、いかがお過ごしでしょうか[E:bud]

今日は6月4日。

皆様のお陰で、おすず治療室は開院8周年を迎える事が出来ました[E:shine]

Img_0624

思えば・・・早かったような~遅かったような~[E:wink]

正直、無事8周年を迎えられたという安堵感で一杯です[E:happy01]

これも、患者様(当院を信じて来院してくださってる皆様)始め、応援してくださる家族、友人、スタッフのお陰です。

この場をお借りして『感謝』の気持ちをお伝えさせて頂きます。

今日から9年目に入りますが、これからも皆様に『おすず治療室に出会えて良かった』と思って頂けるよう精進して参ります。

これからも宜しくお願い致します。



おすず院長でした。

もう自粛をやっているときじゃない!自粛を自粛するときが来た!

キーワードは、

いま自分にできること!


被災地に行って救助活動をする人

駅前で募金箱をぶらさげて募金活動をする人

コンビニの募金箱にお金を入れえる人

電気の節電を心掛ける人


いま、日本人の気持ちは一つになっている

何でもできないからって、落ち込む必要はないで

みんなそれぞれの役割がどこかにあるはずや


日本がいち早く復興して

平常に戻れるようになるためには

仕事が出来る人は仕事をする

商売が出来る人は商売をする


もう自粛の時期は過ぎた

自粛を自粛するときが来た


日本が健康状態に戻るためには、


ぼくらが一生懸命、経済活動をすることや

お金という血液をどんどん世の中に回してあげることや


平常が保てる人は、平常心を取り戻し、

仕事、商売、勉強に無心に取り組むこと


お金が循環し出すと、物も循環し始める

流す活動をするときや


お金が流れ出すと、

必要な所に必ず流れていくようになるで



おすず院長もそう思います!     


               

このページのトップヘ