おすず治療室 はりきゅうLife♪

カテゴリ:妊婦さん

こんにちは。

今朝から雨が降っている宮崎...

このまま梅雨入りしてほしくないと思うのはアタシだけかな!?

そんなブルーな気分をフッ飛ばす嬉しい報告が届きました~

先週お見えいただいた患者様…

  33歳女性 初産 妊娠32週(逆子)の患者様。
  治療回数1回。

先週末の検診で無事戻ったとの事でした!

32週だとまた逆子になる可能性もあるので、

自宅でのお灸は続け
て頂く事にしました!

改めてお灸の素晴らしさに感動と感謝です★
逆












来月には元気な赤ちゃんが産まれますように~♪
  
逆子の方以外でも、妊娠中の腰痛・肩こりなど、

お悩みなどございましたら、何でもご相談下さいませ(*^_^*)


   鍼灸おすず治療室
    (0985)22-2339

昨日、出産予定日を過ぎた妊婦さんが

『陣痛促進』の為、お灸治療に来られました♬

 陣痛促進剤を使わず自然な流れで産みたい!

 母親の願いを何とか叶えてあげたく、

一生懸命お灸をさせて頂きました!
妊婦サン
 









この後、入院予定とのコトでした。。。

無事、陣痛がきて元気な赤ちゃんが産まれますように…☆

出産後落ち着いたら連絡を頂く予定です。

どうだったか...また報告させて頂きますね(*^^)v


  鍼灸おすず治療室
   (0985)22-2339



毎日、たくさんの患者様が治療におみえになります。

小さなお子様からご年配の方まで症状はさまざまでいらっしゃいます。

先日の患者様のお話です。。。

  *30代女性 妊娠4カ月の患者様

   腰痛でおみえになり、つわりもヒドく…

   鍼治療・温灸をしたところ~

   1回目の治療で、つわりがほとんどなくなった。

  *70代女性の患者様
 
   逆流性胃腸炎その他の症状でおみえになり~

   鍼治療・温灸をしたところ~

   1回目の治療後、顔色がピンクになり笑顔で帰られました。
おばあさん
 
  
















他にも治療前と治療後で、患者様の表情の変化には

驚かされる毎日です!!!

こうした治療後のアフターケアも大切です★

普段の生活習慣や、食生活等を東洋医学を基に色々なお話をする

<東洋医学セミナー>があるので、

鍼灸を受けたことない方でもお気軽にご参加下さい。


ナス。


<セミナーのご案内>
知らなきゃ損する東洋医学養生セミナー

【内容】
・東洋医学の風邪予防&風邪を引いた時の対処法。
・冷えの予防法。(身体を冷やす食べ物・温める食べ物の説明)
・癌の予防法。
・その他色々な病気の予防法など。
*質問にもお答えさせて頂きます!!

日 時:11月7日(木)
     19:00~

参加費:無 料
(筆記用具をご持参下さい)

定 員:15名

参加頂いた方にとって、その家族・身内の方にとって必ず役に立つ情報です。
是非お時間を作って参加してみて下さい!
参加ご希望の方は、早めにお電話でお問い合わせ下さい。

鍼灸おすず治療室
0985-22-2339

こんにちは台風も少しそれましたね


今日は妊婦さんのお話を


よく女性の方から、「妊娠している時って鍼灸は受ける事はできますか?」と質問があります



昔は、逆子と言えば「お灸」でした。足のツボにお灸をすえます。




つわりなどの内臓症状も鍼をしたり、お灸をしていました。



妊娠中鍼灸治療は可能です。



多い症状としては、つわり腰痛坐骨神経痛肩こり足のむくみ足の冷えなどです。



鍼灸治療が怖い方には、マッサージストレッチなども加えます



まずはお気軽にご相談下さいね




産後ケアとしては、お母さんの乳汁の出が悪いなどの治療でも来院されます。




また、赤ちゃんの夜泣き、疳の虫などの小児鍼もやっております。
254























赤ちゃん鍼は刺しません



皮膚をなでる事で、全身にあるツボを刺激し、治療します。



周りの妊婦の方で、様々な症状でお困りの方がいらっしゃいましたら、



「こういうのもあるみたいよ~」と伝えてみて下さい
無題





























鍼灸おすず治療室 HP


とてもとても嬉しい報告を頂きました~

先日安産で治療室に来られたS様が、スピード安産だったのはお灸のお陰ですと嬉しいメールを頂きました



昨日 6時21分 小さな命が誕生しました!

3012gの男の子です。

分娩室に入って 10分で産まれました。

この日まで 鍼灸師の 先生方 お世話になりました。
安産のツボ 三陰交は抜群に効くんですね!
びっくりしました。

21456_294100714033187_606125830_n

とかわいいお子様の写真付きで頂きました~

ほんとかわいいですね(*^_^*)

今日はなぜ「三陰交」というツボを使うと安産に繋がるのか??ということを簡単に説明していきます

まず、三陰交というツボには子宮口や産道を柔らかくする作用があります。

人の体には12本の経絡と呼ばれるツボの所属するグループ分けがあります。

この経絡も「」に分けられています。

三陰交」とは肝・腎・脾のつの経のわる場所と言う意味です。

経絡は線路のように全身の気の流れをつなげています。

凝りや冷えは気の流れの滞りや気が足りない、消耗しすぎている状態です。

この「」というのは「女性」とか「血液」という意味があります。

妊娠中は赤ちゃんに血液をはじめ栄養分をたくさん送り続けなければならないため血液のバランスが崩れやすく消耗しやすい状態です。

肝の臓は血液そのものが適切な場所で適切な量を、適切な時間に使われて巡りの良い状態に。

腎の臓では生命力や生殖能力を高める。

脾の臓では食べたものを全身の気や血や肉に作り替えて「陰(血)」を作り出しています。

なぜ三陰交のお灸が安産によいのかというと、三陰交というツボは肝・腎・脾という3つの経絡が交わるツボだからです。

東洋医学では子宮に関係する経絡は肝・腎・脾経です。これらの経絡をととのえ、気血のめぐりをよくすることが妊娠の安定につながります。

ということです。

ざーっと説明したので分かりにくいと思いますが...

妊婦さんや女性に限らず身体にとっていいツボだそうです


宮崎も寒さがひどくなってきたので体調を崩さないよう気を付けて下さいね!!!

illust1987_thumb

鍼灸おすず治療室 HP


このページのトップヘ